ピンレポ・ピンサロ クチコミレポート

タグ:新宿歌舞伎町

【PR】協賛店のお知らせ

【新宿歌舞伎町のピンサロ】ノアのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]みかん
  • [ 利用日 ]2020-03-某日
  • [ 店舗利用回数 ]2回目
  • [ 嬢名 ]No.43 うみ

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]なし
  • [ 割引使用の有無 ]メルマガ割引
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]3500円
  • [ 指名料 ]0円
  • [ 生理告知 ]一切なし
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]監視の顔もわかる!
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★4いいだろう
  • [ 店内写真の信頼度 ]★4いいだろう
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★4フフフ
  • [ 店舗総合評価度 ]★4いいだろう

体験レポート

大昔に訪れて以来足が遠のいていたノアですが、何とメルマガのゲリラ割で3000円引きを実施するとのことで、新宿にて用があったこともありふらっと足が動いてしまいました。

メールを受けた直後に赴いたためか、すぐにブースに通されました。
数分待って現れたのは、ミニマムなロリ巨乳っ子です!
まず初めの元気な「こんにちは〜!」の声に度肝を抜かれました。
というのもこの子、まるで現実世界に降臨したアニメキャラクターの如きアニメ声なのです。
見た目は派手な感じなのですが、外見と声のギャップには癒されます。

挨拶もほどほどに、すぐプレイを開始しました。
まずキスですが、始めてすぐに向こうから舌を差し出してくれる積極さです。
唇がプルプルの感触なので、ずっとキスしていられる心地よさです。
次におっぱいを拝見しますが、これがまた素晴らしいロケットおっぱい!
少し前に人気を博したセクシー女優の北川瞳さんを彷彿させます。
感触も大変柔らかく、前から後ろから、いろいろな触り方を堪能させてもらいました。

そしてフェラに移行しますが、この嬢、いきなりBF気味の強烈なフェラで攻めてきます!
すぐに果てそうになってしまったので、もうちょっと焦らしてもらうことをリクエスト。
するとそこからは手コキに移行し、イキそうになると寸止めしキスをしたり乳首舐めをしたりとギリギリまで楽しませてくれました。
寸止めが気持ち良すぎて我慢の限界に達したところで再度フェラをお願いし、フィニッシュを迎えました。
寸止めのためにかなり出たようでしたが、こちら優先の処理を徹底してくれ、優しさに頭が上がりませんでした。
とても濃密で幸せな30分間を過ごせました!

37

【PR】ピンレポおすすめ店情報
川崎チョコラブ
川崎チョコラブイベントその1川崎チョコラブイベントその2
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【PR】協賛店のお知らせ

【新宿歌舞伎町のピンサロ】にゃんパラのGoodレポート

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]なし
  • [ 割引使用の有無 ]イベント価格
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]5500円
  • [ 指名料 ]0円
  • [ 生理告知 ]パネルの表示
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]暗いが人の顔は見える
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★3いいだろう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★3 …(無言)
  • [ 店内写真の信頼度 ]★3 …(無言)
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★2…。
  • [ 店舗総合評価度 ]★3 …(無言)

体験レポート

遊んだ帰りにヌキ欲にかられて
割引を行っていたにゃんパラに向かいました

限定割という事で遅めの時間が普段より安く、さらに後日同じ料金で利用出来る割引券が貰えるなんともお得なイベント
あとは嬢の当たりを引くだけ!

店に入ると
受付の店員が無愛想で
ご指名は?
と言うので
パネルを見てからフリーを伝えると
通常料金を言われる
イベント利用を言っても反応せず
若干沈黙
もう一度いうと料金を言われ券売機でイベント価格のチケットを買い
渡す
トイレ行くかどうかを聞かれマウススプレーを渡され、案内されそうになったので
割引券を貰えるのか聞いたら無言で渡されました…

割引の利用が悪なのか塩対応な店員に若干嫌な気持ちを覚えシートへと向かう

狭いシートへ案内されたがすぐに入ってきた嬢は
デカっ
顔も体もデカイ!
ムチムチでした

手を拭いて、挨拶程度に軽くお決まりトークをすると、上乗って良い?
からプレイが始まった
乗せてキスをするが
口を開いてくれないので舌を出してみると、舌ピ?
のようなものがあって
濃厚キスをしない模様
それではと
シャツを脱がしてみる
ムッチリボディの胸でパフパフから乳首を吸い攻めていく
受けはそこそこ
全裸に脱がし手マンをはじめたら濡れは良好、シートの角で乳を吸い、手マン、その後クンニと流れてしばらく舐め
半分ぐらい過ぎただろうか良い感じに攻める事が出来たので
今度は舐めてくれる?
とお願いし
上を脱ぎズボンを脱ぐと
両乳首を少しずつ舐め、勃起したアソコを丁寧に拭いて
フェラ開始
唾液をたっぷり足らし、手コキをしながら即イカせようとしてくるが
ずっと単調に舐めているのと、イカせよう感が強く荒いので、イク波が来ず時間が過ぎた
フラワータイムのコールがかかったので何とかイカないと
と思った次の瞬間
時間になっちゃった
と舐めるのをヤメ
おしぼりを取りだそうとするので、慌てて止めて、もうイケそうだからあと少しお願い
と頼んで約1分間神がかった集中力を発揮して
なんとかイク事に成功
受けは良いけど、攻めはあまりしたくない雰囲気がプンプン漂う嬢だった
発射は出来たがなんだか気持ち的に虚しくなって店を後にした

08

このお店のHPはコチラ
【新宿・歌舞伎町】にゃんパライベント
新宿にゃんパライベントその1
新宿にゃんパライベントその2

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【PR】協賛店のお知らせ

【新宿歌舞伎町のピンサロ】ミリオンのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]ネクタイ
  • [ 利用日 ]2020-02-某日
  • [ 店舗利用回数 ]初めて
  • [ 嬢名 ]かんな

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]HP割引
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]4500円
  • [ 指名料 ]2000円
  • [ 生理告知 ]一切なし
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]暗いが人の顔は見える
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★4フフフ
  • [ 店舗総合評価度 ]★5情報は間違いないようだ

体験レポート

ネクタイです
禁欲から解放され、すっかりピンサロがまた生活の一部分になりつつあります。

この日は新宿でどの店に行くか悩みに悩んで
移転先から戻ってきたミリオンへと向かいました。

こちらの箱にはまだ行った事が無かったので初となりドキドキです。

パネルは斜め上ですがじっくり見る事が出来ました。
そこそこ人気がある嬢も比較的早いと教えられ気になる嬢を数人聞きました
店内に入った時点で先客が指名してすぐ入っていったのも見ていたし
さすがに、出勤人数に対して色々バレる事から
ボーイに指名されますか?
と聞かれてしまいました。

あまりに状況がわかってフリーはちょっと・・・
との感じでした
まぁそうですよね

仕切り直してボーイのおススメの上位ランカーと
写真で気になった嬢の2人を聞いて
どちらもすぐ~5分程度と言われ
一瞬迷ったものの
直観を信じて、パネルがタイプの方にしました。

プレイシートは2階で比較的キレイめなシートでした。

お相手はニッコリとシートへ入って
早々に長い足を絡ませてきて密着
めちゃくちゃ
ドキドキするし、顔も整った童顔系というか
美人というか
正直一瞬で恋しました
吊り橋効果的なドキドキでしょうか
先制パンチが素晴らしく、手を拭いて挨拶をすると
チューー
と甘えたアヒル口で迫ってきて数回柔らかい唇と口づけをした後
超濃厚ディープキス
もう彼女にしたい!!
たまらなく毎日が濃厚で浮気のうの字も出ないような
そんな対応に体はビンビン
しばらく息も苦しくなるぐらいのディープキスをして
火照ってきたところで、一緒に上半身裸になりました
スレンダーな体で、おっぱいは小さめながらも乳首に触れるとビクビク反応
すぐに硬くなったので吸ってみると
アンアン吐息が漏れて感じてくれて
こんな子とセックスできたら毎日でも早く帰る
そんな想いで乳首を吸い尽くし、直後に貪るようにディープキス
今度はお返しと言わんばかりの乳首舐めをされ
お互い気持ちよくなった所で一緒に下を脱ぎました
お互い触りっこすると
めちゃくちゃ濡れ濡れ
こちとら、ビンビン
どっちが我先にと攻めるのか
そんな攻防から
この美女の秘蜜はきっと甘いに違いない!
多すぎなくナチュラルな毛の下へと顔を近づけていきます
無臭でキレイな割れ目をペロリ
すごくほんのりとメスと化した香り
無臭の美味しい秘部の蜜
クリを舌で転がして指を入れていくとどんどん蜜が溢れてくるのを感じ
もう今にも合体したい!
そんなこんなで夢中で攻める
アッアッアーーー・・・
とガクガク震えダメ、イクから
と止められてしまい
10分前コールがかかってハッと我に返る
今度はイク事に徹して受け身になると
10分前コールがかかったにもかかわらず
丁寧に竿の下から舐めまわし、時折目線をこちらに合わせ
視覚的にもエロい仕草を演出してくれる
こちらの我慢できない右手はクリへと優しく刺激しながら
フェラをしてもらう至福
敏感なのか、感じて下半身を生まれたての子鹿のように震えさせ
フェラが止まってしまったり
この子ほど調教してエロのパートナーにしたいと思った子はいない
そう思わせてくれる嬢に感謝しながらフラワーコール
しっかりと奥まで咥えて
かつ丁寧なストーロークに
我が息子もいつもより感激の脈打ちで昇天
最後は指入れさせてもらいながら
すべて口にぶちまけさせてもらいました
時間ギリギリでも最後まで丁寧かつイチャイチャな接客に感激を覚えました。

37

【PR】ピンレポおすすめ店情報
川崎ブルギャル
川崎ブルギャルイベントその1川崎ブルギャルイベントその2
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【PR】協賛店のお知らせ

【新宿歌舞伎町のピンサロ】ミリオンのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]はんぐおん
  • [ 利用日 ]2020-01-某日
  • [ 店舗利用回数 ]初めて
  • [ 嬢名 ]のあ

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]なし
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]4500円
  • [ 指名料 ]2000円
  • [ 生理告知 ]スタッフから口頭
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]監視の顔もわかる!
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★4いいだろう
  • [ 店内写真の信頼度 ]★4いいだろう
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★5さすがはプロだな
  • [ 店舗総合評価度 ]★4いいだろう

体験レポート

こんにちは。五反田を主戦場としております、はんぐおんです。
今回は新規開拓と銘打って、これまで行ったことないエリア・新宿歌舞伎町へと行ってまいりました。

足を運んだのは新宿歌舞伎町『MILLION』さん。西武新宿線の新宿駅からほど近い、ビルの1階に入り口がありました。
休日の午前中午前中で私の前の待ちは1人。
対応したボーイさんは20台半ばくらい。順番に対応され
「ご予約、ご指名は?」と聞かれ、
「予約はしてません。待ちのないコは誰ですか」
「それですと、このあたりですね」
対応は丁寧。雑さや高圧的な感じはしませんでした。
パネルを眺め、5秒くらい悩み
「じゃあ、このコで」
料金をその場で支払って爪チェック。ピンサロに行く前日には、ヤスリまでして万全を期する私は難なくパス。
カーテンで区切られた待合スペースに通されると、その後も続々と来客が。
待ち時間は10分程度でしたが、最終私の後に待ち2人の受付2人くらいにはなっていたでしょうか。
番号札で呼び出され、マウスウォッシュを入念に3回。そのまま2階に通されます。
2階に行くと別のスタッフに席に案内されました。
明るさ、広さはまずまず。まあ、どこもこんなものでしょう

待つこと数分

「こんにちはー、のあでーす」

と、ミニスカートの制服姿のおっとりした口調で今日の女の子登場です
デビュー間もない広〇涼子をさらに幼くした感じ。お店のコスチュームを着ていると、本当に女子高生に見まがうほど。
アイシンメなショートヘアとつぶらな目元がキュートなのあちゃんが今日のお相手です。

「今日はお仕事なんですか?」

土曜にも関わらずスーツの私をみてそう思ったのでしょう。お察しの通り、その日もまた休日出勤でした。

「うん、これから夜まで。のあちゃん、髪型かわいいね、すっごい似合ってるよ」
「えへへ、ありがとうございますー」
「あー! その笑顔めっちゃかわいい! 乗って乗って!」

常套手段の第一印象の褒め。それが効いたのか定かではありませんが、向こうも警戒心なくすり寄ってきます。
おっとりした口調の割には、積極的な進行。雰囲気、態度もよく、フリーの割には良嬢の予感。
乗るや否や、正面から私の胸板を両手でスリスリ。フェザータッチをされてるみたいで、こちらもなんとも心地がいいです。
まもなく、のあちゃんの手がシャツのボタンにかかり、するすると外しにかかります。
露になった私の上半身。彼女は両乳首をつまんできます。既に興奮の度合いが高まっていた私は、触られるやいなや

「あっ」

っと小さくあえぎます。
のあちゃんと至近距離で見つめ合い。彼女の目つきはなにかを訴えかけているようでした。
吸い込まれるようなつぶらな瞳に辛抱たまらず、無言でキス。
少し薄目な唇に、何度も「チュッチュッ」っと唇を重ねていきます。
その間も彼女の乳首責めは止まらず、静電気のような刺激が走るたび、私も少女のようなか細い喘ぎ声で応じるのでした。

「お兄さん感じ方エローい」

おっとり口調でそんなこと言われると、そそられるようでたまりません。

「お兄さん、わたしのも脱がせて」

そういうと、自らネクタイをほどいてきます。
私はというと服の上からおっぱいに触れ、

「おっぱい見ていいの? 脱がしちゃうよ?」

と、いじらしく彼女の制服を脱がしていきます。
露になる白いブラジャーと、それに包まれた形の良いバスト。

「おっぱい大きいね」

「そんなことないよー」

後でプロフィールを見て知ったのですがB84(B)だそう
しかし、ハリよく形よく、程よくしまったウエストも相まって1カップ上くらいの印象です。
もみ心地もよく、手になじむ感じでいつまでも揉んでいたくなるような、そんな良乳です。

乳房を十分に楽しんで、今度は出し抜けに乳首に触れてみます
ぽつんとたたずむ小さめな可愛い乳首。先っちょを指先でかすめるように触れると

「あんっ!」

とかわいらしい喘ぎ声。同時に、私の腰の上でビクっと跳ねるのあちゃん。
まだ乳首をかするように触れただけなのに、この反応の良さ。これはかなりの良嬢かと。
この反応に気を良くした私は、両乳首に対して同じように、一定のリズムを保って力加減は最弱に。
そしてすがるような仕草でのあちゃんの口元に自分の唇をあてがいます。

「んんっー! んっ! んっ!」

案の定、ビクビクと反応するのあちゃん。
ちょっと大げさすぎて演技かと疑いましたが、全身の筋肉が反応していました。かなり感度のいいコのようです。

のあちゃんの口を自分の口で塞ぎつつ、私は自分の舌を彼女の口内へと突き出しました。
まもなく、のあちゃんの舌と触れ合います。最初はチロチロと、そして徐々に絡め方を強めると、そのペースに向こうも合わせてきます。
その間も、乳首いじりは続けたままで、「んふっ! んんっ!」っと鼻息交じりに感じ様子がたまりません。

今度はキスを止め、口元をおっぱいへと近づけます。
さっきのキスで十分に潤った唇で、のあちゃんの乳首をそっとつつみました。
そのまま唇で上下を挟み、舌先をそっとあてがって先端部をツンツンと刺激します。
彼女はこれまで喘ぎを封印されていた反動からか、

「あああっーん!! ああっ!!」

っとフロア中に響きそうな声で感じています。

「気持ちいいの?」

首を縦に振るのあちゃん。

「下も触って……」

すると彼女は私の上からずれるように降りると、両足を開いて股間へと私の右手を引き寄せて誘います。
スカートを履いたまま、パンツの上からのお触りです。
これまでのピンサロ経験で、女の子のほうからねだられたことがないので、正直戸惑いました。
こんな求められ方をされるとは思いませんでした。
それでも求められるまま応じます。
のあちゃんの反応を見ながら、クリトリスの位置を詮索します。
ある場所を触れたとき、彼女は反射的に大きく喘ぎ、また一段と大きく全身をビクつかせます。

「ここ?」

「うん……」

のあちゃんの核心に触れました。しかし焦らず力まず。やさしくゆっくりと長く単調に。乳首にしたときと同じように、執拗なまでにソフトに攻めます。
指先に力を入れず、布地の裏で彼女自身を刺激するように。
触れるたび彼女はビクビクと、かわいらしい喘ぎ声を伴って身をよじらせます。

「大丈夫? 痛くない?」

「うん、平気」

いつしか彼女は、私の愚息を服の上からさすっていました。
手のひらを押し付け、指をまとわせるように。

「ズボン脱いで」

そういいながら、のあちゃんはベルトを外しにかかります。
私が腰を浮かせると、ズボンを取り払い、準備万端にいきり立った愚息が出てきます。
白地のナイロン製のボクサーパンツが、店内のブラックライトに照らされて蛍光を発して異様に目を引きます。
それでも十分にシルエットでわかる愚息の高揚。パンツを突き破らんばかりの勢いでビンビンになっていました。
あれだけ反応のよい様を見せつけられたら、こうなることも仕方がありません。

「パンツ脱がしちゃうね」

蛍光を反射するボクサーを脱がされ、いよいよのあちゃんの目に触れる私の愚息。
既にカウパーの数滴はこぼしているのではないかと思うほど、固くまっすぐに、若干の脈動を伴ってます。

「わたしのも脱がして」

正面に膝立ちするのあちゃん。すでにスカートは脱いでおり、白いパンツ1枚だけでした。
両手をかけて脱がしにかかると、片膝を浮かせてフォローしてくれます。
露になるのあちゃんの秘境。少し長めの茂みでしたが、きちんと手入れはされている模様。
茂みの奥へと指を伸ばすと、じっとりとしたぬめり気を帯びており、指先に彼女の熱気が伝わってくるようでした。

「拭くね。冷たいかも」

「うん、大丈夫。ああっ!」

「冷たいってゆったじゃーん!」

私の愚息には、おしぼりで拭かれるときの冷たさもご褒美です。茂みへ伸びる手は一旦どかし、愚息へ走る冷え冷えとした快感に身を委ねます。
のあちゃんといえば、すこし強めの力加減で丹念に愚息を拭き上げてくれました。

「舐めるね」

「うん、お願い」

するとのあちゃん。いきなりパクっと、愚息の先端を咥え込み、そのまま亀頭全体を口内へと含みます。
唾液でしっかりぬめった粘膜と、火照った体温とが同時に亀頭の快楽となって伝わります。
彼女の右手はしっかりと愚息の胴体をホールドし、やさしくにぎりしめたまま上下にしごいてきます。
じんわりと愚息に染み渡る快感。

ただ、私もまけじとのあちゃんの茂みへと再び手を伸ばします。
じわっと濡れた秘境をまさぐり、さきほど見つけたコアの部分へ。
ただし力は入れることなく、あくまでやさしくソフトに。
のあちゃんが感じているかそうでないかは、愚息を咥えたまま息を漏らす仕草で判明しました。

彼女は一旦愚息を口から出すと、裏筋をチロチロと舌で攻めます。
空いた左手をやさしくのあちゃんの頭へ。これまでの接し方と全く一緒。力を入れないソフトな愛撫。
目があったとき、彼女の目つきはまた何かを訴えてるようでした。

「痛い?」

こちらを見上げるのあちゃん。
愚息から舌を離すと同時に、

「指も入れてよぉ……」

とエロくオーダー。
正直、こんなセリフをピンサロで言ってもらえるとは思いもよりませんでした。
嬉しさがこみあげつつも、意を決し、茂みの奥、秘境の奥、のあちゃんの最奥部への入り口めがけて指をはしらせます。
入り口はすぐにわかるところにありました。まさに源泉と言わんばかり。最もぬれそぼったそこ。

「痛かったら言って」

少しまさぐり、先っちょだけを押し込みます。
つぶさに伝わる異様な温かさと濡れ感。そして、体内の密度を如実に表現する圧迫感。
指先、第一関節とゆっくり押し込み、時折

「痛くない?」

といちいち確認します。
向こうの反応を見ながら奥まで進行するたび、指全体を締め付けながらに襲ってくる包み込むような温かさと圧迫感。
充分に愛液で濡れたのあちゃんの深部。まさに洪水。彼女は自身の洪水に耐え兼ね、私に救いを求めていたのでしょうか?

中指が最奥まで到達するまでの間、のあちゃんは何度も鼻息を漏らしながら、必死に愚息を咥えていてくれました。
今度は手は添えたままで、亀頭よりさらに根元よりのところまで。
私のふとももを枕にするかのような距離感で股間に頭を埋め、内頬と舌をぴったりあてがうように愚息をしゃぶっています。
BGMで騒がしい店内でも、2人の距離感だからこそ聞こえる唾液をすする音、鼻息の漏れる音、とどめようにもおさえられない快楽故の喘ぎ声。

そんな中、私は中指を彼女の内部で、静かな波うちをするかのよう動かしていました。
その一波一波ごとにのあちゃんの内部のひだがむちっとまとわりついてきます。
そうして見下ろす、愚息と愚息を咥えるのあちゃん。
いつしか私の脳内では、中指と愚息への刺激がリンクしていました。
中指に伝わる種種様々な感覚は、すべて愚息注がれているものだと思えるようになった時、また新たな快感の波が下腹部から全身へと伝わってきます。

「あっ! あっ! のあちゃん、これ超気持ちい……」

あまりに新鮮で、これまでとは一線を画す異質な快楽。
そして、制限なく一方的に注がれる中指と愚息への刺激。
この2つが真の意味で合わさる瞬間が、最高に肉欲を満たしてくれる瞬間。
そして到達する、愚息発の全身をも鈍麻させる8秒間の至福。
それらを悟ったとき、私の興奮と愚息の感度が一気に高まり、そしてまた愚息から込みあがってくる熱量を感じました。
「のあちゃん……、ダメかも……。ダメ……、ダメ……」

私がそうこぼすと、のあちゃんはそれを察したうえで、一気に攻勢を強めました。
四つん這いになって、これまでで一番早く激しいストローク。
根元を押さえながらも締めるようなしごき。
わざとでしょうか、いやらしく唾液の隙間から漏れる音が響きます。

強烈で激しいストロークの前に、私の腰は意図せず揺れ始め、そのあまりの快楽に、いつしか膣内へと挿入していた中指は外れていました。
快楽に弱い私の特性からか、絶頂寸前で耐えてるときはおさわりもままなりません。
左手中指は力なくその辺にあるだけ。もうどこも触っていません。あるだけ。
そんな中、なんとか必死に右手だけは、のあちゃんの頭の上です。決して押さえつけたりだけはしないように、力を制御しながら。
気持ちよさの中で、思い出されるのはあどけない幼顔ののあちゃんと、いやらしく感じるのあちゃん。
あまりにギャップのある姿。
そして目の前で強烈なストロークで一心不乱ののあちゃん。わざと音を立ててまで扇情をくすぐってくる知恵を、どこで覚えてきたのでしょう。
きっと自然と覚えていったんです。それが正しいと信じて。
その通り、その音を立てるだとか、思い切り激しくすすりあげるだとかは、男を悦ばせるのには充分すぎるほど。 あんなあどけない印象のコでも、そんな大人の女としての一面もあるというギャップが、最後の最後で私の興奮度に追い打ちをかけました。
そして、高まる興奮度を裏付けるように、愚息の耐久度も反比例して目減りしていき、そしてついに果てました。

「のあちゃん……、出る! 出るよ、ごめんね……」

「んんーーっ!!」

私の股間に顔をうずめる彼女に寄り添うように、身を折ってそっとかぶさるようにして。
そんな上半身の動向を知ってか知らずか、愚息は一切の容赦も手加減もなく、精嚢からの精子を吐き出し続けます。

「いっぱい出たね、すごい」

おしぼりに精子を吐き出したあと、のあちゃんは私にむかってこう言いました。
膝立ちして精子を出す姿もまた、背徳的に見えました。

「のあ、お手紙書いてくるから待っててね。お兄さんお名前なんていうの」

「はんぐおんだけど」

「じゃあ、はんくんだね。ちょっと待っててね」

そういって仕切りの外へと消えます。
居住まいを正しながら待っていると、再びのあちゃんの登場です。

「はい、お手紙です」
「ありがと! 今日はのあちゃん、すっごい気持ちよかった、ありがとね」
「はんくんも感じ方めっちゃエロかったよ……」

なんとなく物足りなさそうなのあちゃん

「ん!」

と目をつぶって口を突き出す彼女。
私は即座にのあちゃんを抱きしめ、唇を重ねます。
着衣のままではありながら、先ほどまでの濃厚接触を再現するような、深くていやらしい舌の交わり。
時間が迫っていたのが悔やまれるくらい、事後の時間でありながらも硬度を増す愚息。ともすれば2回戦もできたでしょう。

「また来てね」

出口まで見送られ、別れ際にぎゅーっとハグ。
見えなくなるまで手を振っててくれたのあちゃんとの、恋人気分のような時間はこれにておしまいです。

新宿という新天地での、これまでのピンサロ体験とはまた違った新鮮な体験でした。
何事も一か所からの視点に固執するのではなく、たまには場所や位置を変えてみること。時には、まったく別の領域へと足を踏み出すこと。
そういった視野、見識の有意識での拡大こそが、新たな世界への船出になるのではないだろうか。
そういったことまで思いをはせさせてくれた、今回の新宿進出でした。

37

【PR】ピンレポおすすめ店情報
荻窪やまとなでし娘
荻窪やまとなでし娘イベントその1荻窪やまとなでし娘イベントその2
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【PR】協賛店のお知らせ

【新宿歌舞伎町のピンサロ】ミリオンのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]やま
  • [ 利用日 ]2020-02-某日
  • [ 店舗利用回数 ]初めて
  • [ 嬢名 ]かりん

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]なし
  • [ 割引使用の有無 ]HP割引
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]4500円
  • [ 指名料 ]0円
  • [ 生理告知 ]一切なし
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]監視の顔もわかる!
  • [ パーティーションの高さ ]人の気配がする

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★4上できだ!
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★4いいだろう
  • [ 店内写真の信頼度 ]★4いいだろう
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★4フフフ
  • [ 店舗総合評価度 ]★4いいだろう

体験レポート

ピンサロといえば10時や12時OPENが主流ですが、新宿にはベイビーガールという9時からOPENする貴重なピンサロがあります。
系列のこちら(ミリオン)も9時OPENです。
11時から予定があった当方にとってはまさに渡りに船とばかりに9時2分に来訪。
口入れでいけるとのお答えにほっと一息。
シートにて出勤嬢をスマホでポチポチしようと思っていましたが、昨今ありがちなスマホ禁止だったので断念。

ほどなく、嬢登場。
タイトル通りなのですが、数年前プチ活躍したお笑いコンビ少年少女のあべちゃんに似ています。
大学生相当の嬢に言っても伝わらない可能性が高く、そもそも一般的にはあまり褒めていない可能性が高いので、無難に「若いね。学生さん?」とべたなトークではじめてみるとイエスの反応。
専攻を聞くと当方と同じであったので、プチマニアトークをして距離を詰めようとします。
常時笑顔で好感触。
多くの同志にとってはポチャどころか樽認定されかねませんが、当方細いのだめなのでむしろにっこにこです。
膝にのせてキスしながらもみごたえのある巨乳をもみもみします。
ズボン越しにエレクトを感じた嬢から脱ぐ?とうれしいご提案。
ぺろっと下半身のみ全裸になると嬢も負けじと?スカートパンツと脱いでくれます。(ブラは外し済み)からのフェラですが、歴短いのか知りませんが、この嬢テク不足です。
刺激弱く、射精できるか微妙な感じ。
とりあえず、フラワーまでと69してみます。(むろん、拒否なし)
あっちのお味はちょいしょっぱめの塩(潮?)味です。
お手手は膣内固定と乳尻ローテで楽しみます。
時々漏れる吐息に萌えゲージはいい感じですが、愚息への刺激は如何せん弱く、フラワーコールとともに桃尻をタップ。
嬢にはベロチューをがんばっていただきながら巨乳もにもにしながら自己発電にて射精寸前まで持っていきます。からの嬢に咥えていただき、可愛いお口に発射オーライ。
後の名刺コメントへたっぴでごめんねに萌えました。

13

【PR】ピンレポおすすめ店情報
川崎ブルギャル
川崎ブルギャルイベントその1川崎ブルギャルイベントその2
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ