ピンレポ・ピンサロ クチコミレポート

タグ:ピンサロ

【PR】協賛店のお知らせ

【新橋のピンサロ】モモカンのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]わるさーp69
  • [ 利用日 ]2018-03-某日
  • [ 店舗利用回数 ]初めて
  • [ 嬢名 ]No.76 飯島

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]イベント価格
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]3980円
  • [ 指名料 ]2000円
  • [ 生理告知 ]一切なし
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]周りの状況は把握できる
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★5さすがはプロだな
  • [ 店舗総合評価度 ]★5情報は間違いないようだ

体験レポート

ラブアンドピーチが移転してリニューアル。
オープニングプライスで、早い時間はなんと3980で10分延長です。
ラブピは行ったことなかったけど、これは逝くしか無いでしょ。
ということで突撃です。

誰が良いかわからなかったのでとりあえずランカーの飯島さんをチョイス。
オープン12時に電話で待ち時間を聞くと2時間待ちでした。
それじゃァ今行ってもしょうが無いな。
別の用事を済ませ、1時50分位に入店。

入り口にイケメンのオニーサンが立っています。
ヘッドセットで店内に連絡。
「一名さまです」
階段を降りて店内へ。
「ご指名ございますか?」
「飯島さんで」
「2時10分のご案内です」
おーラッキー。
受付のお兄さんも丁寧です。
同じ系列の新宿とは大違いです。
目黒と新橋は対応がいいです。

実は最初、店を探してちょっと迷いました。
看板がオシャレすぎてピンサロとは思わなかったですw
でもキレイ目すぎる看板のおかげで通りすがりのOLのオネーサンにシロイ目で見られずに入店出来てgood。
これほど心理的抵抗感なく入店出来ちゃうピンサロもめずらしいw
まあ、あのリーマン街にギトギトの看板では入りづらいですから、
判ってしまえばこれはいい看板ですw

待合室は狭いけど明るくて綺麗。
欲をいえば換気扇がほしいです。

シートに通されて待ちます。
店内はピンサロとしては比較的明るい方。
これウレシイ。
きっと女の子のあんなトコロやこんなトコロもよく見えるでしょうw
シートはフラットとしてはやや狭め。
目黒ハニプリと同じ感じで縦長にしてありますが、若干狭い気もします。気のせいかな?

現れた飯島さんは20代半ばのキレカワ系女子です。
かっこいいオンナと言ったらいいでしょうか。
フレンドリーでフランクな感じ。
すぐに上に跨ってベロンベロンのDKの嵐です。
歯茎をグリグリと舌で舐めまわされます。
そのまま耳の穴を犯されますw
超積極的。
そのまま衣服を脱がされ、彼女も衣装のベビードールを脱ぎ捨てます。
一気呵成にmy乳首を責め立てられ悶絶。
お互いパンイチでもスマタもOK。
ちなみにパンツは極細のTですw
エロすぎ。

このまま攻められ続けるのもいいかなと思うも、やはり反撃もしてみたくなり、攻守交代。
プロの彼女は初々しい反応こそありませんが、こちらの攻めにも寛容です。

そろそろ時間ということでちんちんに行ってもらいます。
「お兄さん清潔だから」
と当然のように拭かずにパクリ。
ちょーウレp(年がバレそう)
玉をネンゴロに葬られ返す刀でカリを血祭りにあげられます。
極めつけはバキュームフェラ。
吸われるときにカリ付近でブルブルブルとバイブレージョンを発しますw
こんなバキュームは初めてです。
バイブレーションバキュームフェラと命名しましたww
ブルブル音が店内に響き渡ります。
この店でブルブル言ってたらそれは彼女ですww
ラストはおマーンを散策してみたくなり、ルート69へ
彼女は長身なので、同じく長身の自分と位置関係がしっくり来ていい感じ。
おマーンに顔を思いっきり埋め、パイを掴みながら昇天。
40分で時短も無かったので目一杯楽しめました。いい店。

彼女は人気嬢のためか、最後は時間がないとのことでメッセージはもらえませんでしたが、ランカーの濃厚なプレイに十分満足です。
82点。

04
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【PR】協賛店のお知らせ

【国分寺】ゴーイングメリーのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]風俗にありがとう
  • [ 利用日 ]2018-04-某日
  • [ 店舗利用回数 ]3回以上
  • [ 嬢名 ]きあら

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]なし
  • [ 割引使用の有無 ]HP割引
  • [ 待ち時間 ]30~60分
  • [ プレイ料金 ]4000円
  • [ 指名料 ]0円
  • [ 生理告知 ]パネルの表示
  • [ シートのタイプ ]ベンチ
  • [ 店内の明るさ ]監視の顔もわかる!
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★5さすがはプロだな
  • [ 店舗総合評価度 ]★5情報は間違いないようだ

体験レポート

本日ご紹介させていただくお店は、国分寺の人気店「ゴーイングメリー」です!
ここ数年で私が一番通っているお店で来店回数は軽く二桁を超えます!
なぜこのお店を気に入っているかというと、今まで一度も地雷に当った事がありません!
どの女の子も、一定の容姿と一定のサービスを兼ね備えており、満足しなかった記憶がありません!
他店舗で地雷に当った時に「ゴーイングメリーに行けば良かった!」とよく思うぐらいの超お気に入り店です!

早速店舗に入りフリーを宣言します!
いつもお昼の時間帯に行くので夜は分かりませんが、お昼にいるボーイさんの接客がとてもよく、フリーで入ったとしてもいつも気持ちのいい対応をしてくれます!
この日も気持ちのいい接客で待合室に通され30分程待ちます!
待合室も大きく、サイズの大きいテレビや、ウォーターサーバー、広々としたくつろげるソファーなどが完備されており、待ち時間も苦になりません!
あっという間に30分が経ち、プレイルームへ通されます!
このお店の気に入っている所の一つに、店内が他のピンサロと比べて明るい点があります!
はっきりと女の子の顔が見えるぐらいの照明なので、プレイ中におっぱいなどの体の隅々まで肉眼で確認でき視覚的興奮も高まります!

席に着いてすぐに本日お相手してくれる「きあらちゃん」の登場です!
洋服の上からでも一発で分かる巨乳です!
ホームページのプロフィールによると、バストは93のEカップです!
ぽっちゃりとはまた違う、ムチムチのエロい体つきです!
席について少し世間話した後、きあらちゃんが抱き着いてきました!
93のEカップが、私の胸に密着します!
洋服の上からなのに、ふわふわのおっぱいの感触がダイレクトに伝わってきます!
「生でおっぱいを触ったら気持ちいいんだろうなー!」と、おっぱいへの期待感が高まったところでキスです!

結論から申し上げます!
きあらちゃんのキスですが

超超超超超超超超超濃厚なキスです!

もう一度言います!

超超超超超超超超超濃厚なキスです!

02

お互いのベロとベロの表面積が全て絡みつくような濃厚なキスです!
きあらちゃんのベロが、私の口の中の粘膜という粘膜を全て舐め回されます!
時折、私の口の中に唾液を入れ込む合わせ技もしてきます!

超超超超超超超超超濃厚なキスに、超超超超超超超超超勃起しました!

興奮が止まらない私は、きあらちゃんの上着とブラジャーを脱がします!
はい!想像していましたが美乳が目の前に姿を現しました!
はい!揉み心地も文句の付けようのない最高のおっぱいです!
私も上半身裸になり、きあらちゃんを抱き寄せます!
裸で抱き合い、神のおっぱいが自分の体に密着します!
生きててよかったー!今この瞬間、世界で一番幸せなのは間違いなく俺だ!!
そう心の中で叫びました!

その後、きあらちゃんが「上乗っていいですか?」と聞いてきて、上に乗ってきます!
きあらちゃんの濃厚サービスが更に続きます!
いやらしい息遣いをしながらの耳舐めが始まります!
そして乳首をコリコリ触ってきます!
次に乳首付近の皮膚をベロでサラッと舐めた後、乳首舐めに!
全てが気持ち良くて思わず喘ぎ声が出てしまいます!
そうすると、きあらちゃんの手が私のベルトを外しにかかります!
ベルトを外され、ズボンの前ボタンを外され、あっという間にきあらちゃんの左手が私のパンツの中に入ってきて股間を触ってきます!
キスされながら、パンツの中の股間を生でサワサワ触られ、まるで痴女に攻められているような感覚で勃起が止まらず興奮が最高潮に達します!

「ズボン脱いで!」

ニコッと笑いながら、きあらちゃんにズボンを脱ぐよう指示されます!
ズボンとパンツを脱ぐと、きあらちゃんが私の股間に優しくツバを垂らしてきます!
ツバでヌルヌルになった股間を手コキしてくれます!
これがまた本当に気持ち良くて「一体どんな手の動かし方をしているんだ?」と思うぐらいの神業でした!

キスだけでなく手コキのテクニックもあり、キスをしながらの手コキ攻撃に、冗談抜きで意識を失うかと思うぐらい骨抜きにされました!
手コキを楽しんだ後はフェラが始まります!
私に見えるように、亀頭をベロでいやらしくそして入念に舐めてくれます!
その後、パクっと股間を口で含んで激しめのフェラ!
フェラをしばらくした後は再び濃厚なキスをします!
もちろんその間、きあらちゃんの神の領域の手コキも止まりません!
きあらちゃんがキスをしながら、左手で手コキ、右手の指を私の耳の穴に入れてぐるぐる回すという、器用な三点攻めにもう私の股間は射精へのカウントダウンを始めていました!
イキそうな事を伝えると、きあらちゃんは急いで体勢を変えて精子を口の中で全て受け止めてくれました!

きあらちゃんは本当にテクニシャンで、キス、手コキ、乳首舐め、耳舐めなど、全てのプレイに大満足でした!
名刺を書きに一旦席を外し、戻ってきたあともずっとイチャイチャしながらキスしてくれ、プレイが終わった後の接客も大満足!
時間いっぱいになり出口にお見送りしてくれお別れする際も、最後に抱き着いてきて熱い接吻を交わしてくれました!
そして握った私の手を口元に持っていき、手の甲に「チュッ!」とキスをしてきました!
手の甲にキスをされたのは生まれて初めてなので「ドキッ!」としてしまいました!
最後も笑顔で手を振ってくれて本当に大満足の時間を過ごせました!

今回お相手してもらった、きあらちゃんのおすすめポイントを二つ!
まず一つ目は、キスがとにかくヤバいです!
正真正銘の超濃厚ディープキスです!
タイトルにも書きましたが、本当に勃起が30分止まりませんでした!
そして二つ目が、手コキのテクニックです!
ツバを垂らしてヌルヌルの状態での変幻自在の手コキ!
このキスと手コキがミックスされた時、人は射精を我慢出来ないと思います!

ここまでおすすめしてきましたが、最後にみなさんに一つ忠告!
きあらちゃんの濃厚キスを一度体験したら、他の女の子とのキスでは満足出来なくなると思います!
それほど、きあらちゃんのキスは「濃厚」という言葉があてはまる満足度の高いキスでした!

今回も大満足のゴーイングメリーのレポートでした!
いつ行っても素晴らしい女の子に当るレベルの高いお店です!
当然来月もまたゴーイングメリーに行きます!
次はどんな女の子に会えるか楽しみです!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

※団長Gより前書※
ぐずついた天候が続くなか、ある1件のレポが男の元に届いた。
レポを精読するとあっという間に男の顔色が変わり、掲載する可否を運営局に委ねることにした。

「匿名掲載は当局のポリシーに反する」
「掲載、不掲載のラインが不透明だ」
「そもそも掲載意義はあるのか」

激しい議論のなか、
男の脳裏に前田日明の言葉がよぎった
「UWFは殺し合いではありません」

たとえ嬢の態度に不満があっても、本指名の料金を払っていても、嬢が感じているように見えていても、超えてはいけない一線がある。
このレポートような嬢の扱いは到底賛同できるのものではない。

ピンレポにも超えてはいけない一線がある。
アクセスを増やす、スポンサーを増やす、
非常に結構だが当局も掲載するには責任が発生する。
無責任に「レポーターが書いたから掲載する」で済ませられることではない。

運営一同で協議を重ねた結果、当局も考えさせられるレポートとして嬢名と店名を伏せて掲載に踏み切った。


  • [ 投稿者 ]タケオ
  • [ 利用日 ]2018-03-某日
  • [ 店舗利用回数 ]3回以上
  • [ 嬢名 ]No.?? 某嬢

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]メルマガ割引
  • [ 待ち時間 ]1~2時間
  • [ プレイ料金 ]4000円
  • [ 指名料 ]2000円
  • [ 生理告知 ]一切なし
  • [ シートのタイプ ]■■■
  • [ 店内の明るさ ]暗いが人の顔は見える
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★3いいだろう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★3 …(無言)
  • [ 店内写真の信頼度 ]★3 …(無言)
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★3いいだろう
  • [ 店舗総合評価度 ]★3 …(無言)

体験レポート

このところピンサロで不発が続いていました。
自分は毎回指名するのですが、眼力が曇ったのか、今ひとつな娘を連続で引いてしまいました。
ある店では本当に慣れていない娘にあたってしまい、ほとんど何もさせてもらえませんでした。
あまりのドシロート加減にかわいそうになり、自分もそれ以上要求することができず、女の子に気を使って我慢してしまいました。

ああ、もう失敗したくない。新規開拓のワクワクより、確実な良嬢で、確実な満足がほしい・・・

その時、脳裏に浮かんだのが、今回指名したAさんです。
彼女は何回か指名している女の子です。自分がリピートをするのは珍しく、彼女はそれほど満足感が高かったということでもあります。
前回指名した時などは、入ってくるなり満面の笑顔で再訪を喜んでくれ、お手拭きもそこそこにすぐにまたがりガッツリDKの嵐で、ピッタリ寄り添ってくれて、こちらの攻めにも寛容で、攻守交代しても乳首舐めから玉舐め、竿の舐め方も非常に多彩でうまく、フェラのテクも最高。発車後も長く吸い上げてくれるホスピタリティの高さ、とにかくとても満足させてくれた女の子でした。本当に元気をもらえたのです。

彼女のいる店を訪れます。
人気嬢のため待ち時間がありますが、問題ではない。今日は彼女でなくてはダメなのです。
待ち時間を了承し、耳を揃えて本指名料金を払います。

シートに通されます。
その時の自分はそれほどがっつくような心境では無かったと思います。
むしろ落ち着いていたくらいでした。
攻め立ててやろうとか、とにかくやりたい放題してやろうとか、そんな気持ちは全然なかったと思います。
前回と同じく、攻め3,受け7くらいでのプレイを想定し、楽しい雰囲気を壊さないように楽しめればいいなと思っていたのです。プレイそのものより、ここのところのピンサロ行脚で満たされなかった欠乏感を、彼女に受け入れてもらうことで埋め合わせたかったのだと思います。

彼女がやって来ました。
笑顔で挨拶してくれます。
ところがそのあとすぐにプレイは始まらず、横に座ってお話タイムです。
あれ?どうしたのかな?
以前はこちらに飛び込むようにくっついてくれたんですが・・
近況などをお話しますが、そのまま落ち着いて話が続く感じです。
やむなくこちらが切り出して、プレイが始まりました。
前はお手拭きもそこそこに即プレイだったんだけどな・・・

自分がお願いして上に乗って貰いました。
ここまでの経過で、やや今までのような積極性が減ったような気がしていました。今回は前回ほどのサービスではなくなるかも・・みたいな予感が芽生えていました。
キスは彼女からしてくれました。DKは前回同様しっかりしてくれました。
まずは肩を抱き寄せ、ひと呼吸置いてからゆっくりバストに手を伸ばします。
服は自分で脱ぎ始めてくれました。
ブラを外します。
すぐに揉みしだいたりするようなことはせず、紳士的に振る舞うべく、そっと体をなでました。
すると、
「ちょっとくすぐったい」
えっ?
今までそんなことを言われたことがなかったので、びっくりしました。
でも体調によっても感じ方に違いは出るもんです。
じゃあ、強めに触るよ、と断って、強さを変えてみます。
次に下を触っても平気か尋ねると、
「いちいち聞かなくてもいいよ」
と言われます。
ここまで、自分は彼女を気遣うつもりで、触るたびごとに彼女に尋ねて確認をとっていたのです。
彼女の口調から、そんなに聞かなくても好きに触って大丈夫よ、という意味ではないことは明白でした。
角が立たないようにうまく言ってましたが、言葉の奥にある「うざいからいちいち聞くなよ」というような彼女の苛立ちを、自分は感じ取ってしまいました。
とりあえず触らせてくれましたが、すぐに横に降りてしまいました。
そして次のように言い渡されます。
「もうサービスを受けてください。ピンサロは男の人がサービスを受けるところだから!」

自分はすべてを悟りました。
前回会ったAちゃんは、もういないんだな。

普段の自分なら、いや数日前の、別のピンサロに行った時の自分なら、その時点で全てを諦めて、女の子に気を使って、我慢して・・・
とこれまでと同じことを繰り返していたと思います。今にして思えば、そのほうが良かったかもしれません。

でも、この日は残念ながら、そこで諦めることができなかった。
ここ数回のピンサロプレイでの不満が、自分の寛容さを奪っていた。
この時、自分の心の中に芽生えたものは、悪魔の種だったのかも知れない。

「えー、なんでー?もう少しいちゃいちゃしてもいーじゃん?」
柄にもなく、ゴネ始める自分。
「・・・」
それでそのままテマンを続行。
もちろん、この段階ではけして強くはしていない。
このあと彼女が、もう少しだけ体を開いてくれたら、また自分の心も収まったのかも知れない。
しかし彼女は完全に引いてしまっていた。股を固く閉じてオレの手を挟みこむようにブロックしてくる。
身動きすらできないオレの手首。
その頑なさが、さらに自分の心の悪魔を増長させた。

俺は指名をしているんだぞ、しかも本指名だ。もうちょっと言うことを聞けよ、俺を満足させろ、
という極めて身勝手な気持ちが大きく頭をもたげてきた。

今まで、プレイ中にこんな気持ちになったことなど無いのに、
また、彼女のサービスだって、けして悪いわけではなく、もっととんでもない手抜き嬢はいくらでもいるのに、今回に限ってこんな思いになってしまったのは、何故なのだろうか。今もわからない。

華奢な足を必死で閉じてブロックする彼女にお構い無く指マンを続ける。
逃れる彼女を追って乳首を舐める。
やがて彼女のほうが諦めたようで、しばらく自分の意のままになる。
オレの乳首舐めの音だけが響き渡る。

次の瞬間、
「・・やめて、やめて!!」
自分は知っていた。このあと彼女はオーガスムスに達することを。
嫌な男にイカされるのは女性にとっては苦痛だろう。
あるいは、逝ったあとは疲れて仕事にならないという肉体的な問題もあるだろう。

そんなこと、自分はわかっていた。
わかっているからこそ、いつもの自分ならこんな時は必ず女の子の言うことを聞いてあげていた。
当然だ。これはタダのプレイ。そしてそのプレイは女の子がこの仕事を続けてくれるからこそ可能な大人の遊びなのだ。女の子が仕事を続けられなくなるようなプレイ、持続不可能なプレイは、客が自らの首を絞めるだけのことなのだ。

しかし、この日は違った。
自分はやめなかった。
あの時、あと5秒早くやめていたら、引き返せたと思う。

次の瞬間、彼女の体が、激しく収縮した。
俺は可哀想と思うどころか、それを見て興奮すらした。

終わった。
体を離す二人。
怒りの表情の彼女。当然笑顔など無い。
「なんでやめてくれなかったの」
なじる彼女。

この時点で、まだ自分はさほど極悪なことをしたとまでは思っていなかった。
内容的には、ただテマンをしただけだ。それも特別ガシマンでもない指マンである。手首は太ももで挟まれてしっかり固定されてるので、指先しか動かしてないのだ。逝く直前に嬢からここまでにしてと言われたけど、それを聞かずにオーガスムスに達するまで10秒位余分に続けてしまった、ということに過ぎない。女の子の意向を無視したのは事実だが、この程度であればピンサロプレイを逸脱しているという程でもないだろう。

彼女は怒りの表情のまま、口を利かなくなった。
これはもう無理だな。
それでこう切り出す。
「もうやめようか?そんなに怒っちゃったら、もう無理だろう」
彼女のただならぬ様子を見て、すでにプレイを打ち切ろうと決めていた。
「なんでそんなこと言うの?」
「ただ、私は悲しいの」
プレイ打ち切りと決めたことで、自分の心は素に戻った。
完全にすねた表情の彼女と言葉をかわす。
幾つかのなだめの言葉をかける。
とつとつとした会話の中で、次第に彼女も落ち着きを取り戻してきた。
オレは言った
「君の感じが前回と大分変わってたから、ちょっとびっくりしちゃったんだよ・・・前は入店したての頃で、慣れてなかったんだよね。今はむしろ慣れて上手になったってことなのかもな。」
すると彼女から意外な言葉が帰ってきた。
「言いなりのオンナじゃなくてごめんね・・」
ああ、君が謝ることなんて無いんだよ。
君が悪いことなんて無いのだ。
「謝ることなんかないよ。それでいいんだよ。君は正しい。それが普通だよ。そうしないと、客にいいようにされちゃうからね。自分を守らなくちゃいけないんだからね。」
ああ、可哀想なことをした・・・
「ごめん」
率直に謝った。

ああ、悪かった。もう、時間までこのまま終わりにしよう。

そう思っていた矢先に、意外にも彼女が俺の胸にそっと抱きついてきた。
不意をつかれる自分。
しかし、自分はそれ以上求める気にならない。
彼女の背中を優しくポンポンとタップし続けた。

しかし彼女はプロだった。
おもむろに片手で萎れた俺のジュニアに触れ始める。
彼女はハンドサービスも一級品だ。
情けないことにあっという間に固くされてしまう。
ちょっとバツが悪い
「やっぱり上手いな、あっという間に固くなっちゃったよ」
つい照れ隠しに口走った次の瞬間、彼女が向き直って俺のペニスにキスをした。
えっ!?
そしておしぼりで拭き始める。
「えっ、こんなことになっちゃったのに、まだやってくれるの?」
こっくりうなずいて口に含み始める。
彼女はフェラも一級品だ。本当に気持ち良い。
乳首舐め、玉舐めも絡め、あっという間に高められる。
こちらからのタッチは自粛したが、最後はどうしても彼女としているいつものフィニッシュがしたくなった。
頼める義理でないことは重々承知の上でやはり頼んでしまう。
「ごめん、最後は69でイカせてほしい」
こちらもなるべく早く逝ってあげるように神経を集中して、1分かからずフィニッシュ。
彼女はフィニッシュ後のフォローも一級品だ。
逝ったあともすぐに口を離したりしない。
いつもの彼女はしばらく咥えたまま、ストロークしながら吸い取ってくれる。
果たして今日はどうだろうか?
なんと、やはりいつもどおり、最高の快感の持続をプレゼントしてくれた。
長い間快感が続く、いつもどおりのサービスだった。

服を着ながらいつもとあまり変わらないお話をする。
笑顔で自分に接してくれている。
あんなことがあったというのに、いつもと変わらないように見える彼女。
しかし、やはり何かが違う。
「名刺書いてくるから待っていてくださいね。」
そう言って席を立った。
一人で服を着ながら今日のことを思い返す。
あの出来事が無かったかのような笑顔の彼女。
しかし、自分には薄々わかっていた。
それは彼女が、あくまで仕事として作った仮初の笑顔であることを。

「おまたせしました。これ、後で読んでくださいね。」
笑顔で名刺を渡される。

恐らく、これが最後の機会だと思い、自分の思いを伝えた。
「今日は身勝手なことをして、ごめん。」
「もし次に来ることがあれば、その時はもっと自分を考え直して来るよ。」

もっと明快な言葉で謝ってあげたかったが、素直でない自分はこの程度のことしか言ってあげられなかった。
彼女はそれには応えずに
「アメ、食べますか?」
ひと粒のアメをくれた。

家に戻って名刺を読んだ。
以下のような趣旨が書き込まれていた。
テマンは速くされても女の子はしんどいだけなので、相手の様子を見ながらやった方がいい。
AVはファンタジー。e,t,c,

高飛車に非難するでもなく、かといって、お願いするような下手に出てるわけでもない。
淡々と、客観的かつ冷静かつ理路整然とした指摘であった。
そして特筆すべきは、辛かったとか悲しかったなどと言った、自分の感情についての記述を一切していないことだった。
にもかかわらず、文面の言外から、彼女の心情と意志は明確に伝わる。
あの短時間に描き上げたとは到底思えないメッセージであった。

読み終えて、俺は彼女をあっぱれと思った。

あれだけのことがあっても途中から再び笑顔で最後まで嬢としての仕事を完璧にやり切った、そのプロ根性。それは彼女の彼女自身に対するプライドであったろう。
恐らく彼女の中では、あの、再び俺のペニスに触れた瞬間に、すでにこのメッセージの文面までが出来上がっていたと思われる。
そのうえで、それをお首にも出さず最後まで手抜きなく仕事をやり切り、最後に名刺で自分の考えもきっちり俺に伝え切った。
さらには言葉にすることなく、文字の行間でオレへの「三行半」の意志も明確にした。

完全なサヨナラであることは明白であった。

この期に及んでオレは、自分よりはるかに若い彼女が、オレよりも遥かに遥かに大人であることに思い至ったのである。
彼女に比べれば、オレは甘ったれの未熟極まりないガキであった。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【PR】協賛店のお知らせ

【吉祥寺のピンサロ】ムンバリのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]吾郎
  • [ 利用日 ]2018-03-某日
  • [ 店舗利用回数 ]3回以上
  • [ 嬢名 ]No.68 新垣

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]イベント価格
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]4000円
  • [ 指名料 ]1000円
  • [ 生理告知 ]一切なし
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]暗いが人の顔は見える
  • [ パーティーションの高さ ]人の気配がする

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★1有罪(ギルティ)!
  • [ 店舗総合評価度 ]★4いいだろう

体験レポート

ムンバリは女の子の質はいいのですが、受付の男性店員さんの態度があまりよくありません。
だから二の足を踏んでいたのですが、イベントが魅力的だったので行ってみました。 ムンバリは3月10日、20日、30日と0のつく日がイベントでフリー4000円で指名料は名刺を渡すと1000円。
つまり合計5000円で指名できます。これは格安ですね。
いつも指名を進めてくる男性店員も指名すれば文句ないだろうということで行ってきました。
イベントの日は混むのであらかじめ整理券をもらってから再来店するのがおススメです。
男性店員に『ご指名はありませんか?』と尋ねられたのでランカーの新垣ちゃんを指名することにしました。
『指名したのだから文句ないだろ』と内心思っていたら、『延長しませんか?』などとさらに尋ねてきます。『延長はしません』ときっぱり断ると『この娘を指名した人はたいてい延長しますよ』と食い下がってきます。
もう何も言うことがありません。かなりむかつくのですが『延長しません』とさらに断りました。お店に対する好感度を下げてまでお金をむしりに来る姿勢は素晴らしいですね。かける言葉もありません。

いつも通りムカつきながらシートについたのですが、女の子が来ると雰囲気が変わります。

吉祥寺ピンサロMUNMUNバリバリのNo.68 新垣ちゃん

笑顔がまぶしい新垣ちゃんは新垣結衣に雰囲気が似ています。会話もスムーズで恋人気分が味わえます。胸は小ぶりのCカップで弾力満点吸っても舐めても触ってもプリプリのおっぱいは嫌な気分を吹き飛ばしてくれます。
イチャイチャした後は自然にフェラへ移行してくれます。
リズムいいフェラとしっかりした手コキのコラボであっという間に昇天してしまいました。
お掃除フェラも長めでとても気持ちがいい。
女の子の質の良さを再認識しました。
今回のイベントは指名料金が1000円なのでランカーを指名した方が無難ですね。
お気に入りの女の子ができるまでこの作戦で頑張ります。
男性店員の態度の悪さは歯を食いしばって耐えるしかないですね。
皆さん頑張りましょう

28
このお店のHPはコチラ
【吉祥寺】MUNMUNバリバリイベント
吉祥寺MUNMUNバリバリイベントその1吉祥寺MUNMUNバリバリイベントその2
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【PR】協賛店のお知らせ

【荻窪のピンサロ】ナックファイブのGoodレポート

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]メルマガ割引
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]6500円
  • [ 指名料 ]1000円
  • [ 生理告知 ]パネルの表示
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]監視の顔もわかる!
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★5さすがはプロだな
  • [ 店舗総合評価度 ]★5情報は間違いないようだ

体験レポート

性懲りもなく桜が咲き始める季節。

乃木坂46の秋元真夏と高山一実の顔の区別が付かなくなる俺のもとに、衝撃的なニュースが飛び込んできた。

荻窪のピンサロナックファイブに、

なんと秋元真夏似の女の子、桃色ちゃんが加入したというのである

お店HPの画像の段階でもう可愛い。

特に1枚目の写真の笑顔とポージングは最高だ。

荻窪ピンサロナックファイブのNo.035 桃色ちゃん

「えぇ~靴下脱ぐの恥ずかしいよ~」

とか言ってそうな表情をしてるぜ…

そんなわけで。電車で荻窪へワープ

お店に着いてからの一番の問題は、指名できるかどうかということ。

ここは新人だと断られる危険性高いんだよ。。

今回は無事桃色ちゃんを指名できたからよかったけどね。

色んなコースの中から40分のミドルコースを選んで、料金を支払う。

「新人なので全て女の子のペースでお願いします。それと女の子の日なので下のお触りはできません」

というよくある注意事項を聞いたら一旦待合室へ。

受付で渡された番号札をテーブルの上にのせて、ウォーターサーバーの水を飲みながら待つ。

少し待ってから案内されたフラットシートは、勿論入り口に1番近い、監視のしやすい位置。

へへっ

チンコの見せつけ甲斐があるぜッ

ということで桃色ちゃんがシートに到着。

はい。大好き

桃色ちゃんのプロフィール欄の似ている有名人を秋元真夏と書いたスタッフは、良いセンスしてる。

小柄な体に健康的な肌。

優しさと朗らかさ、

そして素直さと子どもっぽさが、柔らかな表情から溢れ出ている。

この人となら楽しく過ごせるだろうなって、会った瞬間に確信した。

「なんだか桃色ちゃん、髪の毛ツヤツヤしてるね」

「最近美容室に行ったんですよ!」

「やっぱり。髪も切ったの?」

「はい。1cmカットしました」

「1cmって変わるかな」

「変わりますよ~?」

つまりほとんどプロフ写真通りのルックスということだ。

フレンドリーな桃色ちゃんとしっかり世間話をしつつ、

まずは足フェチらしくふくらはぎをチェックする・・・

あれれ~?おかしいぞ~?

このお姉ちゃん秋元真夏似のアイドルフェイスなのに、ふくらはぎの筋肉が発達していて張りがあるよ~?

本当は名探偵らしくふくらはぎをペロッといきたいところだがそれは自重して、

運動を頑張っている女の子の素足を触ることにする。

「私、運動してるから足の裏は固いかも」

と顔を赤くして照れていたが。

それは一朝一夕にはなれないわけで、桃色ちゃんの一生懸命で誠実な人柄を現していると思うんだよね。

努力を続けた足ってカッコいいと、元野球部の男は感じた。

「足どうですか…?」

「アスリートっぽくてすごく勃起しました」

「変態じゃないですか…」

とドン引きされたところで、

上だけ服を脱いで豊満なおっぱいを見せてもらう。

なんだろう。

連載1年目の漫画家が書いた美少女のおっぱいみたいだ。

そうとしか例えようがない。

ほんま凛としたおっぱいやで。。

まぁこんな感じで、新人ということでゆっくりプレイしていたが

『◯番シートまだサービスに入ってません』

みたいな内容のアナウンスが入ったので、チンコ拭き拭きタイムに入る。

「あぁぁっ、話しすぎちゃったから急いでサービスに入りますね!」

「いや、急がないでいいから。まずはこのチンコを罵倒してくれ」

「罵倒って?」

「今は剥けているけど…こうすると…俺は包茎野郎になるんだッッ」

「すごいっ、本当だ。えっ?」

困惑する桃色ちゃんに罵倒されながらシゴかれる仮性包茎チンコ。

優しい女の子に軽蔑され、カウパーの涙を流す仮性包茎チンコ。

「何で喜んでるんですか!?」

と呆れられるが、

秋元真夏似の善良な美少女に仮性包茎を罵倒されたらテンションもマックスである。

このまますしざんまいのテンションでオナニー三昧といきたいところだったが、

桃色ちゃんはとにかく誠実なので

邪悪な仮性包茎チンコを剥いて、パクっとフェラを始めてしまった。

テクニックは、そりゃ新人だからね。

悶絶するとかはさすがになかったが

乃木坂っぽいゆったりとしたなめらかなフェラで、結構好きだった。

快感が脳天を突き抜けていくような高度なテクニックのフェラも勿論いいのだが

穏やかな浜辺のような、快感にゆっくりと浸っていられるフェラも有りだと思う。

ほんわかした雰囲気の穏やかな美少女が、丁寧に短小仮性包茎チンコを舐めてくれる。

こんなに嬉しいことはない。

ということで

40分コースで入っておいて、まーた射精しないで終了した後。

「おしぼりで拭きますね(フキフキ)」

「ありがとう。今日は桃色ちゃんに接客してもらえて最初から最後までずっと楽しかったよ」

「私も、よく分からないけど楽しかったです!40分があっという間でした(フキフキ)」

「喜ばせるの上手いなぁ」

「それは本当ですよ~。はいっ、下もこれで大丈夫ですよね!?(チンコの皮を被せて仮性包茎に戻す)」

「いや、拭いた後でちゃんと皮を被せる女の子初めてだよ」

で、

後は名刺をもらって見送りをしてもらってさようならです。

桃色ちゃんはとにかく善良で清潔感があって愛嬌抜群の女の子でした。。

秋元真夏より断然好き。

28
このお店のHPはコチラ
【荻窪】ナックファイブイベント
荻窪ナックファイブイベントその1荻窪ナックファイブイベントその2
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ