【PR】協賛店のお知らせ

【赤羽のピンサロ】レインボーのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]カツラ先輩
  • [ 利用日 ]2018-03-某日
  • [ 店舗利用回数 ]初めて
  • [ 嬢名 ]No.90 小松

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]なし
  • [ 割引使用の有無 ]なし
  • [ 待ち時間 ]30~60分
  • [ プレイ料金 ]6000円
  • [ 指名料 ]0円
  • [ 生理告知 ]スタッフから口頭
  • [ シートのタイプ ]ベンチ
  • [ 店内の明るさ ]暗いが人の顔は見える
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★3いいだろう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★4いいだろう
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★3いいだろう
  • [ 店舗総合評価度 ]★5情報は間違いないようだ

体験レポート

ピチピチした女の子とHな事をしたくて初のピンサロへGO
事前に店のHPを見ましたが、どの子も可愛くて選べなかったので店に行ってフリーでお願いしました。
そのせいかどうかはわからないけど、待ち時間も無く案内されました。
そしてやってきたのが小松ちゃんでした。
背が高くて清純そうな女の子。
正直最初はそこまでタイプじゃないなぁと思いつつも、おっぱいがおっきくて一気にテンションアップ。
彼女の肩を抱き、引き寄せてまずは胸からタッチ。
白いブラウスのボタンがはち切れそうな胸の膨らみにゾクゾク。
シャツ越し、ブラウス越しでしたが、その張りの良さと柔らかさが容易に想像出来て、ちょっと感動。
「おっぱいおっきいね~」
「ありがとうございます」
胸をモミモミしながら質疑応答タイム。
「何カップあるの?」
「Eです」
「おお、Eですか、すごくEね~」
オヤジギャグも絶好調です。
「面白かったら笑っていいんだよ」
「あはは」
口を抑えて控えめに引きつり笑う仕草もキュートです。
そんな彼女を見て我慢も限界。引き寄せてキス。
さくらんぼのような唇の感触を味わいながら、胸のボタンを外してブラの上からそのおっぱいをモミモミ。
ブラウス越しよりも、当然ながらかなりリアル。
「俺のも触って!」
股間に伸びた彼女のしなやかな指で愛撫されると、厚いジーパン越しでも十分に官能的でした。
しばらくの間、互いに愛撫しながらDKを楽しみました。
そしてドリンクを飲んで少しブレイク。
彼女がブラウスを脱いでブラも外し、そしてスカートをずらしてショーツ一枚に。
「お客さんも脱いで」 「はーい」
そしてダイレクトにおっぱいと我が息子をいじり合って相互愛撫。
我慢汁が止まりません。
「膝の上に乗ってもいいですか?」
「OKOK!」
少し股をひらいて息子を突き出した上に彼女のお尻が。
「うぉっ!」
ひんやりとした太ももとヒップの重量感と、その割れ目に息子が挟まれるような格好で、彼女がEカップのおっぱいを顔に押し付けて来ました。
そして腰をくねらせ、胸で私の顔を押しつぶすようにしてきます。
まさに幸福の絶頂。
そしてそのまま横に倒れて、シックスナインの姿勢になりました。
みずみずしい二十歳の女の子の濡れたお◯◯こと、そこから湧き出る愛の泉で顔を洗うが如く、そして溺れるが如く夢中で舐め続けました。
イタリア旅行で行った、トレビの泉を思い出して、思わず小銭を投げそうになりました。
同時に彼女も我が息子をチュパチュパ。
「ああ、気持ちよすぎる~。いつ死んでもいい~」
まじでそう思った瞬間、頭が真っ白になり、気がつけば放心状態で伸びていた私。
そんな私に超かわいい笑顔で「お疲れ様でした」とねぎらってくれた小松っちゃん。
「楽しい時間をありがとう」
「いえいえ私も楽しかったです
え?こんなに可愛かったっけ?
初のピンサロ体験でした。
これはハマるな~困るな~。どうしよう?金もあんまりないし……
なんだかんだ言って、来週また行く予定。

37

※団長より補足※
こちらのレポートの小松嬢は現在赤羽の銀河なお店に移籍している。
名前とNo.は同じなのでわかるだろう。
ぜひ探して入ってみてくれ。