【巣鴨】マドンナのGoodレポート

[ 投稿者 ]パイパンクレイジー

[ 利用日 ]2016-09-某日

[ 店舗利用回数 ]3回以上

[ 嬢名 ]No.55 えりか

店舗データ

[ 指名の有無 ]あり

[ 割引使用の有無 ]なし

[ 待ち時間 ]30~60分

[ プレイ料金 ]5,000円

[ 指名料 ]1,000円

[ 生理告知 ]一切なし

[ シートのタイプ ]ベンチ

[ 店内の明るさ ]監視の顔もわかる!

[ パーティーションの高さ ]通路など周りからは丸見えであるが、着席すれば背もたれで大切な部分は見えない

店舗レビュー(★5が最高)

[ 女の子総合評価 ]★4上できだ!

[ サイトプロフィールの信頼度 ]★4いいだろう

[ 店内写真の信頼度 ]★4いいだろう

[ 男子スタッフの接客態度 ]★4フフフ

[ 店舗総合評価度 ]★3…(無言)

体験レポート

9月に入ってから雨の日が続き、雨が落ち着いたと思えば急に秋めいて寒くなった。
そんな天気が続いてたので、夏の間に撮り貯めていたテレビ番組を観ていると懐かしい顔が映った。
…あれ、名前何て言うんだっけ?
年齢詐称していて整形もしてるだろうオカマみたいな人。
(嘘です。観た瞬間に名前は出てました。)

正直に言えばギャルは嫌いだ。人としてなら対象にもなりえないが、風俗店なら別である。お金を出してまでもギャルと遊んでんじゃねーかと言われてしまうかもしれないが、それは違う。
説明すると長くなりそうだから今回は止めておくが、とりあえず"エロ"というフィルターで見たとき、楽しませてもらう立場になるのだ。

さっきの芸能人は…そう、手島優だ。最近はギャル感が抜けてはきているが、相変わらずケバい。そんな手島優の乳を観ながらあることを考え始めた。
どこかで観たことがあるような気がする。(だから手島優じゃん?)

32

昭和感溢れるディープな空間で、店と嬢から漂って来る"いわくつき"の香り。手島優からも画面を通して伝わって来る胡散臭さ…。
(絶対整形だよ)

似ているようなこのニオイを久しぶりに嗅いでみたくなった。
あ、そうだ。ピンサロに行こう。

手島と再会するために、家からニオイを辿りながら電車に乗るも周りは綺麗な女性ばかり。あー良い匂いがする。くんくんばかりして不審者に見られたとか、鼻が狂って山手線を一周したかどうかはさておき、ニオイの元を追うと強烈なニオイを放つエリアが近付いて来ました。
池袋…?違うなぁ。
大塚……?似てるけど少し違う。
…巣鴨?……そうここだ
ということで、周りにいたはずの綺麗なお姉さんたちはいつしか消え去り、代わりにいた周りのおばあちゃんたちと共に巣鴨駅で降りることにしました。
駅を出るとすぐさま街全体から漂う古臭さと胡散臭さ。
(決して死の臭いではないよ。
所々にいる高齢者達を追い抜きながら例のエリアに向かうもまた高齢者ばかりで溢れておりました。

店の入口に行くも、爺さんたちが出たり入ったりしていて落ち着きません。急いで受付を済まし、手島を指名してシートに通されます。が、店の中もお線香の香が強いんじゃないかと思えるほど、周りは60歳後半の爺さんばかり。
一人だけ場違いな場所にいるようで浮いてる感じがします。

優しい店員さんは「上着を預かりましょうか?」、バックが邪魔になれば「ここから見える場所に掛けておきましょうか」など今回も腰を低くして聞いてくれました。

シートは二人掛けのソファーと考えてもらえば良いのですが、背もたれが低いので前は見えます。同様に店内全体を見回すことも出来るので、色んな嬢やプレイを味見することが出来ます。
…あの(70代後半であろう)爺さん、勃つんだろうか。興味は無いけど気になりますよね。

前に座るバーコード頭を悲しい目付きで見ながら待っていると、マイ座布団を持って現れる嬢。何年か先の手島です。
…年齢詐称している手島だから本当はいくつの手島だか分かりませんけどね。
今話題の元タレントと重ねながら想像して、「ホスト通いし過ぎて借金でもあるのかな」、「このままデリヘルで働いたりソープに移籍してそっちでも出会っちゃうのかな」、「揚げ句の果てにはデビューしちゃうのかな」と良からぬストーリーが頭の中で再生されます。本当に「デビュー」しちゃったら…、俺遊んだんだぜと自慢できちゃう
まあ、そもそも二人は別人ですからダメですね。

久しぶりの挨拶をすると相変わらずのテンションの高さ。いったいどこから声を出しているの?それにしても…ケバい。無理のあるギャルって感じです。

全裸NG、下着衣類を完全に脱ぐことが出来ないこの店。キスで迫ってきたのでほっぺや首筋、耳元にしてもらい、その間にシャツやズボンをめくります。嬢もドレスを下ろしてすっぽんぽん。私は服を脱ぎきれないのでソファーに腰掛けるドール状態。アソコもピノキオのように硬く長く太く伸びきっており、向き合って抱き着いてくる嬢。

…摩擦発生中

乾燥していた摩擦力は次第に弱くなり滑りが良くなってきます。タレントがこんなところにいて、自分はこんないやらしいことをしちゃってる。タレントがドールの上で動いてる
と思うと、ピノキオはまた伸びるのです。手島と言えばあの乳があるはずそう思って目を開けるも、すぐに現実が現れます。スレンダーだろうけどグラビアには程遠いBカップが目の前にあるので乳首を弄ります。残念ながら揉むほどはないけど、乳首だけでも良い声を出してくれます。

あん、あーん。っあは。
んっ、んんっあはーぁん。

摩擦させながら声をしばらく楽しんで体制変更。おしぼりで手を拭いてくれた後、手際よく脚を開いてくれます。さあ手島に手マン開始。
弄るには問題無いくらい濡れているので、声は少なめだけど嬢のリクエスト通りに強めに刺激すると…。簡単にブシャーと出てしまいました。

濡れた手や身体を拭いてくれた後にこちらへの乳首舐め。その後すぐに袋舐めを済ませて「吸っていい?」と言われます。
てっきりアレをしゃぶってくれるのだと捉えていましたが、甘く考えてました

嬢に身を委ねていると…違和感があります。音に合わせてちょっとした衝撃が走るので目をやると、吸っていたのは"玉"でした。さすが手島、やることがぶっ飛んでる。舐められたりして気持ち良くなってると次第に脚があがってきます。

実を言えば、69やクンニのお誘いもあったのですが、それらはお断りしました。どうしてかと言えば、周りの(クソ)オヤジたちの顔が急に浮かんできて、(汚い)オヤジたちが舐めたであろうモノを舐めるのに突如抵抗が生まれてきたんです。
衝立のひとつがあることやマンツーマンてあることって、とても大事なんだなと身を以って痛感しました。苦笑

お断りした後も笑顔を絶やさずに「じゃあー、今度は本当に舐める」とダイレクトにフェラが始まります。ペースを上げてバキュームで責められますが基本がこれな様で、ハイペースになってくると痛いくらいに強くなります…。
激しくてそれは興奮もするのですが、逆に激し過ぎて痛いのも事実。
でも頭の中では初めのうちの"ストーリー"が流れており、元タレントにフェラしてもらっていると思うと、あっちのタレント寄りは良いのかなと不思議な感覚に引き込まれます。
しばらくそれらを楽しんだ後に口に出して放心状態。視線は前のバーコードを眺めていました。
その後もしゃぶり続け、残っていたモノまで搾り出されます。私優先でフキフキして、口を開けて出されたモノを見せてくれます。おしぼりに吐くのかなと思っていると、そのままごっくん。笑顔で美味しかったと言ってくれましたが、音楽で何を言っているか伝わってきません。

おしぼりを置きに行き、名刺を持って戻ってきたところで着替えが終わったので、上着とバックを受け取って見送りです。

結局おしぼりを使ったのは、
・着席時にスタッフから渡されたとき
・嬢が登場したとき
・マンで遊んだ後
・発射した後処理
・しっかり拭くために
くらいでした。
なので好きな方からすれば、いいシチュエーションなのでしょうが、私はやはり拭いてもらってからしてしゃぶってもらいたいですね。
今回は今月中には予定していなかったので、9月に間に合わせるための取り急ぎで作ったレポートで申し訳ないですが、次回以降に備えて蓄えておきます。

9月はなかなか店巡りが出来ず、レポートが少なくなってしまいましたが、さて10月。
名刺にあった日付からは延期されてしまったみたいですが、1日オープンに決まったようですね。

店長さん、期待しているよ
"禁煙店だったら"嬉しいな