【PR】協賛店のお知らせ

【荻窪のピンサロ】バニラキッスのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]りょうたろう
  • [ 利用日 ]2020-08-某日
  • [ 店舗利用回数 ]3回以上
  • [ 嬢名 ]No.75.まなつ

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]HP割引
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]4000円
  • [ 指名料 ]2000円
  • [ 生理告知 ]一切なし
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]監視の顔もわかる!
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★4いいだろう
  • [ 店内写真の信頼度 ]★4いいだろう
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★4フフフ
  • [ 店舗総合評価度 ]★4いいだろう

体験レポート

こんにちは、りょうたろうと申します。
夏ですね。真夏ですね。
8月に入ってから厳しい暑さが続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
本日はそんな照り付ける太陽すら羨むような、笑顔が眩しい女の子に会ってきたので、紹介させていただきます。

知り合いの女の子と遊びに行く日曜日の予定を前日にドタキャンされてブルーだった僕は、いつものごとく荻窪Vanilla Kissさんにお邪魔していた。
料金据え置きで当日予約できるこのシステム、最高です。
しかも以前から気になっていた女の子がたまたま希望の時間にすんなり予約ができ、これはラッキー。
目当ての子は、まなつちゃん。
あの秋○真夏ちゃんに激似と呼び声も高く、アイドルに目がない僕の期待は膨らむ一方。
ボーイさんに一番奥の席へと案内され、待つこと約10分。

やってきたのは、秋○真夏ちゃんだった。

アイドルファン故の贔屓目もあっただろうが、ネオンで彩られる暗い場内の雰囲気もあっただろうが、あの時の僕の目には確かに夏ちゃんが映っていた。
…とここまで言ってしまうと大げさかもしれないが、顔といい髪型といい、似ていることは確かだった。そしてかわいい。これが一番大事である。制服姿も相まって、彼女は紛れもないアイドルであった。
しかし、僕が度肝を抜かれるのはここからだった。
「わ~~ありがとうございます!!」
僕の正面に座るや否や、僕の両肩をつかんでいきなり口づけをお見舞いしてきたのだった。
思わずたじろいでしまう僕だったが、彼女は止まらない。
舌を絡め、舌を吸い、唾液を交換し…
この子、実はとんでもない子なのでは…!?(大歓喜)
「タイプだったから、つい嬉しくって
ずるい、ずるすぎる…
たとえすべてのお客さんに言っていたのだとしても、そんなまっすぐな顔で言われてしまうと誰でも本気にしてしまうだろう…
この子は本物だ。間違いない。

その後もキスして、キスして、キスして…
口の中の唾液が空になるくらい、舌が溶けてなくなるくらい、激しく情熱的な接吻をし続けた。
そろりそろりと彼女の胸元へ手を差し伸べると、ビクッとした反応を見せた。
「あたし、すごい敏感なの…」
その言葉を皮切りに、制服を脱がせ、下着をはずし、彼女の身体を思う存分堪能した。
おっぱいを舐め、乳首を舐め、そのまま首筋へ、耳へ。
どこを攻めてもきちんと反応してくれる彼女の身体は、とことん男の期待に応えてくれる。
全体的に華奢で、胸もとても豊満というわけではなかったが、思わず抱きかかえてしまいたくなるような、女の子らしい、きれいな身体だった。
しかし、今日は女の子の日ということで、下のお触りはお預けとなってしまった。
「いっぱい攻めてほしかったな…また今度来たときね
男の気持ちを盛り上げつつ、次回の確約もしてくるとは…この子、相当なやり手だ。
攻守交代し、ついにヴェールを脱いだ彼女のサービスは、決して期待を裏切らないものだった。
再び濃厚なキスから始まり、耳、乳首、そして息子を丁寧に舐めていく。
吸い取るように、味わい尽くすかのように、激しくも優しい彼女のフェラは文句なしだった。
フィニッシュを迎えた後も、彼女は僕の精液を口に含んだまま、丁寧に僕の身体を拭いてくれた。献身的であどけない彼女の姿に、少し心がいたくなってしまうほどだった。
「来週は生理も終わってるから、また来週遊びに来てね
女の子としても風俗嬢としても、最後まで抜け目のないまなつちゃんであった。

28

【PR】ピンレポおすすめ店情報
荻窪やまとなでし娘
荻窪やまとなでし娘イベントその1荻窪やまとなでし娘イベントその2