【PR】協賛店のお知らせ

【五反田のピンサロ】アニマルパラダイスのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]はんぐおん
  • [ 利用日 ]2019-04-某日
  • [ 店舗利用回数 ]初めて
  • [ 嬢名 ]No.37 シオン

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]なし
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]6200円
  • [ 指名料 ]2000円
  • [ 生理告知 ]スタッフから口頭
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]周りの状況は把握できる
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★4フフフ
  • [ 店舗総合評価度 ]★5情報は間違いないようだ

体験レポート

はんぐおんです。
普段は池袋が多いのですが今回は五反田・アニマルパラダイスに行きました。
雑居ビルの地下一階。おそらく飲食店の居抜きかなにかでしょう。扉を開けて狭い階段を降りると、目の前にテレビがあります。
おそらくその階段が待合室も兼ねているのでしょう。一番下にマウスウォッシュや爪切りの置かれたテーブルと、左手にパネル。
初めてのお店なので様子を伺っていると、待ち構えていたかのように男性店員から声をかけられます。
パネルを見ながら悩むことしばし。事前の調査で笑顔がチャームポイントのしおんちゃんを指名しました。
お金を払うと、タブレットに総額が表示され代金は食券機での精算でした。その食券機がかなり古いのか、お釣りの支払い時に思い切り正拳突きをいれる男性店員。
思いのほか大きい音がしたので、一瞬肝を冷やします・・・

席に通されて待つことしばし、今日のお相手の女の子の登場です
「おはようございまーす。 しおんでーす!」
声のする方にはアニマルコスに身を包んだ女の子が。

しかし! そこで勝利の女神は正に微笑んでいたのです!
席に来たしおんちゃん。満面の笑みをたたえてニコニコしながらのご登場です!
最高の笑みに釣られて思わず私もにっこり。頭の中には「勝利!」の二文字。看板に偽りなしの最初から超好印象! 女の子には笑顔が一番似合うのです。

「うっわ、かわいい!」

彼女の笑みに顔がほころび、思わず溢れる素直な感想。
すると彼女が

「えー、照れちゃいますー」

と恥ずかしそうに笑います。その笑顔がまた可愛い!
愛嬌百点満点の笑顔の女神! これまで通った嬢の中でもトップクラスのスマイル品質。
ここまでで約15秒に満たないくらい。ただ、彼女の笑顔の可愛さに表情緩みまくりの私。
二人の間に初対面の緊張やよそよそしさはほぼなくなりました。
かるーいトークも早々に、彼女は私の肩に手をかけます。
キスをしようと顔が近づく。

「かわいい・・・」

思わず溢れる素直な感想。
彼女も照れ笑いを浮かべながらチュッと口づけ。
会ってまだ3分も経たずして恋人とのような心弾むキスを交わします。

(こんなかわいい娘とキスできるなんて・・・

そんなことを思っていると彼女は口を離し、服を脱ぎ始めます。
目の前にはブラに覆われた形のよいEカップおっぱい。
ブラの上から撫で回し、谷間にキス。背中に手を回してブラを外し、つきたてのお餅のようなやーらかいEカップおっぱいを、やさしく揉みしだきます。
ときおり乳首を触ったり舐めてみると、頭上から

「あんっ・・・」

っとかわいい喘ぎ声。
と同時に彼女の体がピクっと反応するのがわかります。
乳首が弱いと察するも束の間、彼女はすがるように私の唇を奪い、濃厚なキスの再開です。

キスの最中にも彼女の手は私のシャツのボタンを外し、いつしか上半身裸になりました。
すると今度は攻守交替で、彼女が仕返しといわんばかりに私の乳首に食いつきます。
頬を擦り付けるような勢いで乳首舐め、と同時に反対側は指先でコリコリと転がされ、こちらも思わず情けない声が出ます。
ビクビクと電流が流れるような快感の最中、彼女は股間も同時に攻めてきます。ズボンの上から伝わる手のひらからの圧迫感がたまりません。
彼女は私のベルトに手をかけ、ズボンを脱がせるとパンツの上から押し付けるように愚息を愛撫してきます。
上半身と下半身が快感の電流に襲われ、もうなす術のない快楽に身をゆだねます。
さっきまであんなにかわいい笑顔の彼女が、こんなにも激しく攻めてくる。笑顔とプレイのギャップが強烈。
彼女はパンツの足の方から手を伸ばし、パンツの中でいきり立つ愚息を直接弄び始めました。
汗ばんだ手のひらからの体温が愚息を撫で回すと、いよいよ興奮度合いも最高潮に近づきます。

「しおんちゃん。それすごいエロい・・・。きもちいい・・・」
「きもちいいの?」
「うん・・・」

彼女のペースに身をゆだねながらも、お互いに貪るようなキス。
私もやられっぱなしでは男がすたると、指先でころがすように乳首をいじってささやかな反撃。
しかし彼女は体をピクピクと反応させながらも、攻める手は一向に休めようとはしません。
これは相当なテクニシャンです。キスのときの舌使いもなかなかのエロさ。

「じゃあ、拭いちゃうね。冷たかったらごめんね」

おしぼりでいきり勃つ愚息を拭かれます。もちろん笑顔で。
拭き方もやさしく丁寧で、これは相当な手練であるとすぐわかる。
拭き終わると即座に彼女のお口が愚息の先端をくわえ込み、口内の温度と舌の感触が愚息を支配します。
愚息にどんどん熱が溜まっていくような感覚。亀頭が口、竿は手、同時襲い来る快感の乱流。

「きもちいい・・・。きもちいいよ・・・」

愚息は暴発寸前です。私は必死に耐えながら、そう言うことしかできません。
そんな私の反応を手練の洞察からつぶさに感じ取ったのか、彼女は一旦フェラをやめ、またも私の唇を襲います。
フェラで溜まった唾液で、より一層ぬるぬるになった舌の感触。ボルテージも増しお互い求め合うような激しいディープキス。
手コキの速度もやや落とし、絶頂直前に嵐の前の静けさか。一旦熱も冷め、いよいよ発射に向かって心身ともに準備をする段階か。
そう悟った矢先、彼女は再び愚息をくわえ込みます。
彼女の舌の動きと、ストローク、手の速度が絶妙な加速度で増していきます。
それと同時に、愚息の熱も再びじわじわと上がって行きます。もう長くはありません。
視界の中で上下する彼女の頭部。会った直後のかわいい笑顔から、誰がこの激しいストロークフェラを想像できたでしょう。
一心不乱に奉仕してくれる彼女を視界に収めつつ、そして既に限界でした。

「しおんちゃん・・・、しおんちゃん! 出ちゃう、出ちゃう!!」

彼女の口の中で果てました。こんなにも感度の増した口内発射はそうはないでしょう。
10秒ほどの絶頂の間も、彼女は吸い付くように愚息を迎え、握る手の強さは最後まで同じままでした。

その後。おしぼりめがけて私の子種を吐き出す彼女。

「ごめんね、我慢できなくなっちゃった」
「ううん。大丈夫。気持ちよかった?」
「すごいよかった、ありがとう。『上手』ってよくいわれるでしょう」
「えー、どうだろ? 言われなーい」

そうして事後の会話と、またもまみえた最高の笑顔を楽しみ私は店をさりました。
出口で送ってくれた彼女の笑顔もまた、出会ったときとたがわぬ最高にかわいい、愛嬌の詰まった人懐っこい最上級の笑顔でした。

五反田に笑顔の女神あり! 
「絶対また会いたい!」 そんな気を起こさせてくれる、最高の笑顔の持ち主!
仕事や人間関係に疲れたら、また彼女の笑顔に癒されに五反田アニマルパラダイスに行くことでしょう。

37

【PR】ピンレポおすすめ店情報
荻窪やまとなでし娘
荻窪やまとなでし娘イベントその1荻窪やまとなでし娘イベントその2