【PR】協賛店のお知らせ

【新宿歌舞伎町のピンサロ】KIRARA~キララ~のGoodレポート

  • [ 投稿者 ]三四郎
  • [ 利用日 ]2018-08-某日
  • [ 店舗利用回数 ]3回以上
  • [ 嬢名 ]No.39 なつき

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]開店告知券
  • [ 待ち時間 ]1~2時間
  • [ プレイ料金 ]3000円
  • [ 指名料 ]2000円
  • [ 生理告知 ]パネルの表示
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]暗いが人の顔は見える
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★5さすがはプロだな
  • [ 店舗総合評価度 ]★5情報は間違いないようだ

体験レポート

8月の初遊びは、いろいろ考え新宿キララを利用。6月下旬の開店から1ヶ月が経過し、人気ランキングが発表。それを機に、ランキング上位から順に狙いを定め、今回は比率トップのなつきちゃんをターゲットにする。

スケジュールを確認しておき、受付開始時間ちょうどにお店に予約の電話をする。
やはり大人気のようで、電話で一番は取れず、何枠か後の時間帯に予約を入れる。

キララの予約システムは、
10時55分から、店頭での予約受付開始
11時00分から、電話での予約受付開始。
この猛暑の中、店頭受付の猛者がいると、電話予約はその後になる。
人気嬢の口開け枠争奪戦は、足を運んだものに分がある。時間の制約がある身だと残念であるが、労を惜しまない者に分があるのは、至極当然のこと。でも、チャンスが貰えるシステムを作っては欲しいなと思う。

キララは、6月下旬開店から7月末までは、嬢の情報が全く分からずフリーで数回利用していた。
八王子・吉祥寺・荻窪・新宿から集結し、上位ランカーになった嬢は気になるので、ランキングが発表されてたら上から入ろうと考えていた。

そのため、電話予約に必須のポイントカード(500円)を前回の利用時に買っていた。
予約は偽名を使うことなく、このカードのナンバーを伝え、受け付けられる。
ポイントは、利用金額の3%が付与されて、一定量貯まるとポイント数に応じたサービスが受けられる仕組みになっている。

電話予約をすると、予約時間の30分前に、店に電話を入れるようにとのこと。
その通りに連絡し、時間5分前にお店に到着、テキパキとスムーズな受け付け後、待合室に案内される。

4〜5人でいっぱいの待合室には、先客が2名。
この時期のこの暑さ、店に着いた時には汗が止まらない。プレイ前に何とか汗を引かせたい。持っていた扇子で扇ぎ体の熱を冷ます。バタバタ扇子で扇いでいたら、隣の待ち客が流れた風で気持ちが良さそうにしていた。良いことをしている気になり、扇子パタパタに力が入る。待合室に、うちわでも置いてあると良いのだが。

番号が呼ばれ、一階の奥のシートへ案内される。
やはり指名の多い嬢は、どの店でも奥のシートと決まっているのか。

このお店で、一階に案内されるのは初めて。数回利用しているが、全て二階だった。今回利用した一階奥のシートは、二階の1.5倍以上はあるように思える。
このくらい広ければ、あんなこともこんなことも出来そう。 正直、二階は狭かった(泣

そんなこんなしていると、なつきちゃん登場。
誰に似てるだろうかな、工藤静香っぽいかな。(あくまでも「ぽい」ってことで)スリムでバランスの良いスタイル。

「はじめましてだよねー」
「うん、ランキング1位だよね」
「ありがとう、それで指名したのー」
「そう、新店で分からないからフリーばかりだったけど。なつきちゃん良さそうだから来てみた。」
「プレッシャーになるけどがんばるねー」

明るい挨拶から、早速乗って来てくれた。
なつきちゃんからキス。スタートからディープなディープな極上キス。
舌がグ〜ンっと口内に伸びてきてくる。
なつきちゃんの舌は長く肉厚、煮込んだ特上牛タンシチューのように、柔らかな感触は美味しそうで噛んでみたくなった。もちろん、思っただけでそんなことはしない。

舌を奥まで伸ばして絡め合い、ジュルジュル〜ジュルジュル〜と吸ったり、レロレロ〜レロレロ〜と舐めたり絡めたり。
唾液が溢れてくるのも関係無ねー。
トップランカーのキス(口技)は、想像の期待値を超えた。

「こんなところはだいじょうぶ?」とシャツの上から乳首を、ツネツネイジイジしてくる。
「もっち、大好き」と答えて、なつきちゃんにもやり返す。

阿吽の呼吸になり、お互いのシャツを脱がしっこ。そのまま全裸に。
胸はスタイルの良さ通り、形の良い美乳。舌でレロレロと乳首責め「アンアンアン」とリズミカルな良い反応。

下半身もティーバックの下着が良く似合う、お尻の格好良さ。
「スタイル良いね〜」
「ありがとうー」
「舐めちゃっていい?」
「いいよ〜どうぞ〜」と壁にもたれかかり、美脚をエム字開脚。オマンコはツルツルのパイパン。
小さめのクリを剥いて、舌攻め開始。
チロチロチロチロ、レロレロレロレロ〜。
「アンアン、アハンアハン」
感度グー。打てば響く様子に、今度は指入れ。
ヌレヌレのアソコは、指をスルンっと飲み込んじゃいます。
チョコチョコ動かすたびに、「アッアッアッ〜、アッアッアッ〜」声と連動し腰のピクピクした動き。
指を二本にして、傷つけない様に慎重に動かしで反応を伺う。
「アッヤバイ、アッヤバイ〜アッアッヤバイ〜」と、テクニシャンのアダルト男優になった様に錯覚させてくれる感度の良さ、その反応のスゴさ。随分と愛液が漏れてきて、ピチャピチャと音を立て興奮を掻き立てる。受けの達人ですな。

さて交代し、今度は攻めてもらう。チンコをお清めしてから、覆いかぶさる様にして、タップリのディープキス、乳首舐め。なつきちゃんの極上タンで、ベロベロに舐められる。
「アハッ」思わず声が漏れる。ちょっと恥ずかしい。
そのまま、舌が下に向かう。

チンコの周りからデロデロに舐めてくれて、パクッといきます。フェラはカリ舐め、サオ舐め、ディープスロート、ジュルジュル音を立ててのバキュームと、何種類かをピッチャーが球種を使い分ける様に、繰り出してくる。そしてなつきちゃんの顔が腰に付くぐらい、喉奥まで咥えてくれる。凄テクの持ち主だ。

タマランので、ストップをかけて他の攻めをお願いする。
タマ全体を舌で磨く様に舐め上げる。「おおうっ」と声を出し感じていると、そのまま蟻の門渡りの方まで、幅広な舌全体を這わせるように、往復して舐め上げる。
なつきちゃんの極上タンで、舐め技の妙技を披露された。

体内時計が、コールが近づいているアラートを鳴らすので、前方フェラに戻ってもらった。
チンコを咥えながら、なつきちゃんの手がタマを愛撫してくれて、フィニッシュを盛り上げけてくれた。
放出した大量の分身は、全てなつきちゃんの口内へ吸い取られる。
なつきちゃんは口を外し、おしぼりに吐き出すと「まだ終わりじゃ無いよ。」と、お掃除フェラの開始。コレが長いんだ。もう1発いけそうかと思おう程だが、コールが入りお話モードになりお互いに服を着る。

キララの名刺は、ペラ一枚で嬢のコメント記入欄は無いが、案内文の隙間に細かくレターを書いてくれた。これは嬉しい。

なつきちゃんは、前にいたお店でもNo.1か2のランカーだったとのことで、今回の濃厚な内容は頷けた。

もちろん裏を返すつもりだが、他のランカーも気になるので、まだ楽しみは残っている。

38