【PR】協賛店のお知らせ

【吉祥寺のピンサロ】ムンバリのGoodレポート

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]あり
  • [ 割引使用の有無 ]メルマガ割引
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]4000円
  • [ 指名料 ]2000円
  • [ 生理告知 ]パネルの表示
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]周りの状況は把握できる
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★5ありがとう
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★5さすがはプロだな
  • [ 店舗総合評価度 ]★5情報は間違いないようだ

体験レポート

とあるゴールデンウィーク。

劇場版コナンを観る前にピンサロで性欲を発散させておこうと考え、
吉祥寺のピンサロムンバリへ。

うん。混んでる。

受付でメルマガを見せて、

写真のなかった若葉マークの柊木さんを指名(今は写真出てるけどね↓) 。

吉祥寺ムンバリのNo.18柊木ちゃん

顔も出ていない女の子を指名する無謀な行為。。

もう俺はギリギリ崖の上を行くような遊び方しかできないのだ。

少しの間受付横の狭い待合室に座り、爪チェックやマウススプレーをしたらシートにご案内。

なんかこのシートの照明暗い…

天井を見ると、子どもの日を意識したのか、鯉のぼりがあちらこちらにぶら下がっていた。

屋根より高いどころか地面より低い鯉のぼりに憐れみの感情を抱いたところでシートに女の子が到着。

はい。

指名ランキング入り確実。

テレ東のけやき坂46の番組に紛れ込んでいそうなルックス。

小柄な体にもっちりとうるおいのある肌はあまりにも瑞々しく、真っ白で透き通るよう。

しかもおっぱいまで大きいんだよ。

人気の出ない要素がない。

さっそくはじめましての挨拶をして、新人さんが相手なのでいつも通りゆっくり世間話をするのだが

柊木ちゃんの見た目のイメージと違ってなんだか声が低い。

とりあえず話を聞いてみるか。

「実はこの前風邪をひいて。声がまだ治ってないんです…」

「あぁそういえば連休前からまた急に寒くなったからね」

「次のイベントまでには声治ってるからまた会いに来てください!」

「会って数分で次の営業されたの初めてかも…」

「お兄さんっ、だめですか?また来てくださいよ~」

「行く行く~!(キモ客)」

「ありがとうございます~」

という感じで若さ溢れる柊木ちゃんとトークをしたのだが

朗らかで気持ちのいい人だった。

そういえば高校時代こんな感じの明るい女の子いたなぁと懐かしくなった。

きっと相手との距離を測るのが上手いのだろう。

素晴らしい能力だし個性だと思う。

ということで

和やかに世間話をしながら

唐突に、そしてさりげなく

フル勃起したチンコを美少女の柊木ちゃんに見せつける。

ところで柊木ちゃん、俺のチンコを見てくれ。こいつをどう思う?

「なんで何もしてないのにこんなに勃ってるんですか…?変態ですねぇ…」

世知辛い。だがこれが現実(リアル)。

すごく・・・大きいです・・・

みたいな反応を新人の朗らか美少女に求めてはいけない。

この素人っぽさが可愛いのだ。

いつものようにチンコをおしぼりでガシガシ鬼のように拭いてもらい、

カウパーを余分に放出させたところでプレイ開始。

風邪治りかけの柊木ちゃんの衣装をひんむいて、裸になってもらう。

ため息が出るほど美しい。

肉感的な体のラインと瑞々しい美肌が合わさり、年齢からは想像もつかないほどセクシーな魅力が出ている。

うるうると光る大きな瞳に見つめられながら、

しっとりした吸い付くような感触の美乳を揉む。

乳首や乳輪の色まで可愛い。

おっぱいが大きいのに色まで可愛いなんてちょっとずるい。

この完璧な乳首を見て舐めたくならない男などいないって。

柊木ちゃんのたわわな乳房に顔を埋めて優しく舐めると、興奮と同時に不思議な癒しを感じる。

体を密着させたときの温かさ、そして安心感は素晴らしいものがある。

たぶんこの癒しの力こそが柊木ちゃんの最大の魅力のように思う。

アイドルフェイスなのに親しみやすい女の子って相当貴重な存在。

もちろんまだまだ幼さの残る新人だから、

全てのサービスがパーフェクトってわけではない。

フェラは口に含んだ後の舌の動きや圧力のかけ方がソフトで、刺激に欠ける部分もあるかもしれない。

スローフェラチオも好きなんだよ?

ゆっくりと徐々に気持ちよくなるっていいよね。

だけどピンサロで丁寧でゆったりとしたフェラだと、出なかったりギリギリになる男って多いやん?

そこら辺は一長一短だね。。

それだと出なそうだから激しくしてけろ~って、女の子に言えない内気なX-MENもいるんだろうし。

でもね

テクニックなんてその内上手くなるからどうでもいいわけさ。

大事なのは、素晴らしい魅力を持った女の子が入ってくれたってことなんだよ。

可愛いくて性格のいい女の子が在籍して、接客してくれることが貴重なんだよ。

「柊木ちゃんありがとう。後は自分でするからお尻を見せてくれ」

「え~?私がしますけど。お尻が好きなんですか?」

「うん。世界で一番好きだね」

「お尻大きいけど、いいんですか?」

「最高です!(ライフスペース感)」

まぁ、前回はおっぱいに挟まれたし

きっと今回はお尻に挟まれる運命だったのだろう。

さっそくお尻に埋もれるため、柊木ちゃんに69の体勢になってもらう。

あぁ。

なるほど。

すごく・・・大きいです・・・

尻フェチなら誰もがこのお尻に埋もれて酸欠になりたいと願うほどの、グレートなお尻だ。

丁寧なゆるゆりフェラをしてくれている柊木ちゃんを尻目に

美少女のむっちりとしたお尻の肉に挟まれる背徳感。

射精に繋がらない焦燥感。

そして酸欠感。

クンニも何もしない。

ただお尻の肉に顔を挟まれるという得体の知れない蛮族プレイ。

柊木ちゃんの恥ずかしがるような声が、どこか遠くに聞こえる。

安部公房の箱男から約半世紀。

西東京に尻男が誕生したところで、お時間終了5分前になった。

ムンバリは25分できっちり終わるから、やっぱり10分延ばさないと少し物足りない気持ちになる。

出してないのはいつものことだけど、単純に埋もれ足りないのだ。

いいお尻だったなぁ。。

あとは接客してくれた柊木ちゃんにお礼を言って名刺をもらって終了です。

この謎の体験談では伝わらないかもしれないが

間違いなく柊木ちゃんの魅力は本物だった。

人気の出る人特有のオーラがあった。

28
このお店のHPはコチラ
【吉祥寺】MUNMUNバリバリイベント
吉祥寺MUNMUNバリバリイベントその1吉祥寺MUNMUNバリバリイベントその2