【PR】協賛店のお知らせ

【錦糸町のピンサロ】ブルーガールのレポート

  • [ 投稿者 ]誇り高き男
  • [ 利用日 ]2017-11-某日
  • [ 店舗利用回数 ]初めて
  • [ 嬢名 ]某嬢

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]なし
  • [ 割引使用の有無 ]タイムサービス
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]2000円
  • [ 指名料 ]0円
  • [ 生理告知 ]一切なし
  • [ シートのタイプ ]ベンチ
  • [ 店内の明るさ ]ターゲットはどこだ
  • [ パーティーションの高さ ]丸見え

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★2…。
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★3 …(無言)
  • [ 店内写真の信頼度 ]★3 …(無言)
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★5さすがはプロだな
  • [ 店舗総合評価度 ]★3 …(無言)

体験レポート

錦糸町で某店に行くも目当ての子が欠勤。
そんな時、この店の看板が目に飛び込んだ。
この店の存在は前から知っている。しかし今まで視界に入ってもここに入ろうと思ったことはなかった。理由は価格だ。フリー2000円の看板。怪しい、怪しすぎる。
しかしこの日はなぜか違った。
吸い込まれるようにこの店の門をくぐった。今にして思えば、もののけにでも魅入られたとしか言いようがない。

30

店員は存外愛想が良い。彼に従い2000円を払いシートに通される。
シートは広いが遮蔽はない。
意外にも先客がいる。まさか人が入っているとは思わなかった。他に2人がハッスル中だ。見ると付いているのは2人共細身の女の子のようだ。顔は見えないので即断は出来ないが、ここって、まあまあなんじゃないのか?とりあえずアジャコングみたいなのがいないのでホッとする。

「こんにちは〜」
なりきれてない感じのアニメ声に顔を上げると、ぞこに女が立っていた。
ああぁぁ、オレは全てを了解した。
40はゆうに超えている
まあ俺の母ちゃんよりは若いだろうと思う(思いたい)。
年増が30代の女っぽいコスを頑張りました的な感じと思ってもらえばいい。(けして20代ではない、なぜならそれは不可能だから)
そしてポチャである。
ああ、この女との20分を、一体どうすればいいのか。
高校生の頃、「四面楚歌」という漢文を学んだ。
「時、利あらず、騅(すい)行かず、虞(ぐ)や虞や、汝を如何せんと.......」楚の項羽が滅亡に際し詠んだ漢詩が聞こえる。項羽はこの時、愛人である虞美人(ぐびじん)を敵に渡すに忍びず、自らの手で殺害したという。騅は伝説の名馬の名である。もはやオレの股間の騅も逝きそうにない。まさに、時、利あらず、騅行かず、如何せんである。
話をすれば、人柄は良い。この年齢では多分客からも良い扱いは受けていないはずだ。そのような嬢はかえって心が折れて、凶悪な地雷化していることも珍しくない。しかしこの方は違った。しっかりと真面目に誠意を持って接客している。客に地雷扱いされても腐ることなくこの大変な日常に耐えているのだ。ああ、これもニッポンの現実なのだ。前田事務次官でなくても、貧困調査のため、全国のピンサロを回りたくなるくらいだ。
とりあえず脱いでと言われる。おとなしく脱ぐと、ご自分も下を脱ぎ捨て上をはだける。はだけた先には二発のしょぼくれた火星15号が垂れていた。Jアラートが鳴り響く。そしてあろうことか膝の上にお乗りになる。今日はそんなにサービスしなくていいのに、無駄にサービス良すぎるのが困りものだ。今日は専守防衛のはずだったオレもこれにはやむなく応戦せざるを得ないが、残念ながらオレのイージスアショアは起動不能であった。目の前に突き出された垂れたパイオツを頬張る。ああ、こんなに味のしないパイオツをオレはもう二度としゃぶることはないだろう。パイオツしゃぶらせながら嬢は手コキを始めるも、火星の息子は無反応であった。ムリもない。まだ彼は若すぎた。ああ、いつまで経っても終わらない。タイマー壊れてるんじゃないのか?もう席を立ちたいが、しかしこの人、とてもいい人なのだ。途中で立つのはあまりにも可愛そうで、それは思いとどまった。ただフェラはさせませんでした。それだけはどうしてもさせられなかったというべきか。まるで母ちゃんにしてもらってるみたいで、どうにもそういう気持ちになれなかったのだ。時間いっぱいまで手コキで終了。

ああ、終わった〜というのが正直な気持ちです。

今日のこの出来事を自分の中でどう整理すべきか。あの性暴力被害者のジャーナリスト◯織さん以上にオレも悩んだ。無駄な時間と金の浪費だったのだろうか。いや、断じてそうではない。自分なりに何らかの意味を見い出したい。そうだ、これは社会勉強だ。
2000円で良い社会勉強が出来たのだ。
お歳を召した女性がたった2000円でこのような日常を送っている。これも我がニッポンの一断面なのだ。華やかなものにだけ目を奪われてはならない、日の当たらないところでひっそりと生きるか弱きひとにも目を向けよ。と肝に銘じつつも、明日は学園系ピンサロに行こうと固く決意するオレだった。

一応フォローもしておこう。先客の同士についていた3人はスレンダーな娘だった。顔は見てないので年齢その他不明だが、少なくともポチャでないスタイルのいい子がいることも事実で、2000円であの子たちなら納得できるかも知れない。

最後にこの人、人柄はいい人なのだ。名前は可愛そうだから伏せておいてあげてください。どうせHPの在籍表にも載ってません。HPには出勤表もないし名前を載せる意味自体がありません。それでもこんな方も存在するということで。未確認ですが、ネット情報では若い子もいるらしいです、ハイ。