【PR】協賛店のお知らせ

【池袋】ポパイのGoodレポート

  • [ 投稿者 ]山科
  • [ 利用日 ]2017-06-某日
  • [ 店舗利用回数 ]初めて
  • [ 嬢名 ]No.33 春風

店舗データ

  • [ 指名の有無 ]なし
  • [ 割引使用の有無 ]メルマガ割引
  • [ 待ち時間 ]すぐ
  • [ プレイ料金 ]4500円
  • [ 指名料 ]0円
  • [ 生理告知 ]パネルの表示
  • [ シートのタイプ ]フラット
  • [ 店内の明るさ ]周りの状況は把握できる
  • [ パーティーションの高さ ]最適な配置だ

店舗レビュー(★5が最高)

  • [ 女の子総合評価 ]★4上できだ!
  • [ サイトプロフィールの信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 店内写真の信頼度 ]★5情報は間違いないようだ
  • [ 男子スタッフの接客態度 ]★5さすがはプロだな
  • [ 店舗総合評価度 ]★5情報は間違いないようだ

体験レポート

池袋を主戦場としている山科です。

大分時間が経ってしまいましたが、ピンサロ激戦区の池袋で、これまで縁遠かったポパイ(旧Goo-)ですが、メルマガのフリーのみ1500円オフにつられ、突撃することにしました。
池袋の名店として知られたGoo時代にも何度かお邪魔しようかと思ったことがあるのですが、当時のHPの黄色と黒を基調にしたケバケバしいデザインが過激な印象で、どうも自分には合わないと勝手に思いこみ敬遠していましたが、ポパイに代り、HPの印象も大分変ったので良い機会かなと思いお邪魔することにしました。

受け付けでメルマガを見せ、フリー宣言すると、ボーイさんが、「当店のご利用は初めてですか?」と聞いてきたので、「初めてです」と伝えると、
「絶対後悔はさせません!当店の実力をお見せしますんで任せて下さい」と大変礼儀正しく、気持ち良いくらいの威勢よさでボーイさんが答えたので、直ぐに案内かと思いきや、「20分ほどお待ちいただけますか?」と待合室に案内されました。

カーテンを開け待合室に入ると、ほぼ満席

この状況で自分の番に、私を後悔させないような嬢を付けることが果たして出来るのか?
単にボーイさんのリップサービスだなと勘ぐりながら、待つこと20分。
その間も次々にフリーのお客が入ってきて、ポパイの人気ぶりに圧倒されました。

自分の番になりブースに通され、フラットシートで一人待っていると春風さんが入ってきました。

第一印象は、長身スリムなお嬢さん、割とお目目もパッチリしてて美人だと思いましたが、スリム体型ゆえ胸は小さ目でした。

軽く挨拶をして、早速膝の上に乗ってもらいDKを開始しましたが、星人の私にはやはり胸の膨らみが足りないと息子も元気が無さそうで、反応はいまいちです。

春風さんはしっかり丁寧なDKをしてくれるのですが、この日の息子が全くダメで、
「ごめんね。こいつ今日は調子悪いみたい」
と嬢に気を遣いながらプレーを続けました。

春風さんも私の勃ちが悪いことに気遣い

「ごめんなさいね。ボーイさんから当店は初めてのお客様だから、しっかりサービス頼みますねって言われたのに、私みたいな子が付いて、ごめんなさい」

受付の威勢の良いボーイさんの「任せて下さい。後悔させません」は単にリップサービスと思っていましたが、しっかり嬢にも私のことを伝えていたんですね。
春風さんの申しわけないという表情とボーイさんの誠実な態度に改めて恐縮してしまい、そのことが息子にも更にプレッシャーを与えてしまったようで、うちのバカ息子は更に縮こまりました。

服を脱いだ春風さんは北の方のご出身とのことで、肌も白く、長身スリム体型で巨乳ではないですが、程よい胸の膨らみがあり申し分ない素敵なバディでしたが、連日の暑さのためか仕事のストレスによるものか、結局全くの無反応で、春風さんは時間いっぱい、息子を弄りながらDKをしてくれましたが、時間オーバーとなりました。

嬢が名刺を書きに行き、服を着てブースで待っていると、

「誠に申しわけございません!」

と、突然、受付の威勢の良いボーイさんが、私のブースの前で土下座をして謝りました。
土下座文字入り

「え、どうしたんですか?何も謝られるようなことはしてませんが...」

と伝えると、

「女の子が、私のサービスが悪かったせいで、お客さんを逝かせることが出来なかったと気にしておりまして....。
何かご不満な点がございましたら、何なりとお聞かせ下さい」
とまた深々と頭を下げました。

「そんな頭を下げられたら、こっちが恐縮するのでやめて下さい。女の子は全然問題無しでしたよ。美人さんだし一生懸命サービスをしてくれたけど、単に私の体調が悪くてダメだっただけだから」
と伝えると、ボーイさんは「本当ですか。当店にはいろんなタイプの女の子が在籍していますので、お好みのタイプをお伝えいただければ、必ず良い子を紹介しますのでこれに懲りず、次回のご来店を心よりお待ちしております」とまた、深々と頭を下げ、自分の持ち場に戻りました。

春風さんが帰ってきたので
「今日は、ごめんなさいね。ボーイさんが頑張ってくれて春風さんのような美人嬢を付けてくれたのに。逝くことができず、気を遣わせちゃったみたいで。」
と伝えると、

「いえいえ私が至らなくて...」とまた春風さんが自分を責め始めたので、春風さんは美人で色白で誠実さが伝わる人柄で全く非は無いことを改めて伝えてお別れしました。

初ポパイ(Goo)で残念ながら逝くことをはできませんでしたが、ボーイさんと嬢の誠実さを感じることができ、なかなか有意義な経験でした。

Goo時代のHPのデザインが好みでないという全くおバカな理由で敬遠していたお店ですが、また近いうちに是非再訪したいと思いました。